何年かこういった工夫を続けると、仕事がものすごく速くなります。これまでのように、仕事もないのに何となく帰りづらいからという理由で残業しても、良いことは何もありません。上司の視線を意識した残業も同様です。

 AI、自動運転などのテクノロジーが目覚ましい進化をみせ、企業の生き残りがますます厳しくなっていくこれからの時代には、日本の企業もついに変わらざるを得ませんので、今後、社会的には残業を良しとしない方向になり、「残業ばかりする人は仕事ができない」という風潮に急激に変わっていくと思います。そして仕事のスピードを上げることで、残業は減らしつつ、大きな成果を出すことが必要となっていきます。

 仕事のスピードを上げていく上で、もう一つ重要な点が「即断即決、即実行」です。これができれば、素晴らしいリーダーになれます。 
仕事を進めていく際に、できる限りいつも即断即決、即実行をするというもので、文字どおり瞬時に判断し、決断し、行動に移します。即断即決、即実行できない場合ももちろんありますが、問題なのは、すぐに決めて行動すればいい事項も行動しないことが多く見られることです。

 ただこれは、ほとんど習慣の問題であり、癖のようなものです。通常は「即断即決、即実行」とし、特別検討が必要な場合のみ、少しだけ時間をかける、というふうにモードを変えてみると景色が大きく変わってきます。リーダーが即断即決、即実行をすると、部下やチームメンバーが助かり、組織全体が打てば響くようになります。

 確かに、即断即決、即実行しづらいケースもあります。例えば土地勘がまったくないときです。といっても誰かに相談して土地勘を得ることは十分にできます。また今すぐに決めなくてもいい事案もあります。これも、自分としての結論は、その場ですぐに出しておくと、他のブレーキになりません。

 最後に、判断ミスをした場合に挽回できそうにないとき。これだけは、慎重に進める必要があります。ただ、自分なりのシナリオは描いておくことができます。基本的には、そのシナリオに沿ってスムーズに動きつつ、状況が変われば、プランBやCの代替案に切り替える、というような進め方ができます。

 こうやって、即断即決、即実行しづらいケースでも、その準備ができ、必要に応じて素早く動くことができるようになります。

A4メモのタイトル例

  • どうやったら、仕事を3倍速く進めることができるか?
  • どういうところに、時間を取られているか?
  • 残業せずに、さっさと帰るには?
  • 残業せずに、さっさと帰る仲間を職場で増やすにはどうするべきか?
  • いつも即断即決、即実行をするには?

※A4メモ書きは、『ゼロ秒思考』でご紹介しているシンプルな思考整理トレーニング方法です。