【50代からの健康アップ水泳術 <br />第1回「背浮き」】 | BEST T!MESコラム

BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

50代からの健康アップ水泳術 
第1回「背浮き」

ゆったり浮いて水に慣れよう!

こんにちは。

水泳インストラクターの内村です。

久しぶりの更新となりました。

ブログタイトルも

『50代からの健康アップ水泳術』

とリニューアルとなりました。

あらためてどうぞよろしくお願いいたします。

今回は、泳ぐ前にまずは水に慣れてみたい方向けに

初心者向けの「背浮き」を解説したいと思います。

背浮きの良いところは、なんといってもいつでも呼吸ができること!

空を見ながら、癒されること間違いなし!!

特に中高年の方で膝や腰に不安のある方は、

まずは、ゆったり浮いて水に慣れることはオススメです。

ただ、一方で、正しいスタートと立ち方をマスターしておかないと

あたふたと溺れているように見えてしまうのもこの背浮き。

写真を見ながらしっかりマスターしてください!

 

『初心者向け、背浮きの仕方・ビート版あり』

まずは、ビート版をお腹につけて、その浮力を利用して、

仰向けに浮かんでみます。

 

この時、必ず両耳を水の中に入れることがポイントです。

耳を入れていないと、胸の上に水がたまり、腰が落ちてバランスを崩し、

ビート版を持っていてもなかなか安定しません。

「背浮き(背泳ぎ)は必ず、両耳を入れる!」

と覚えてください。

安定して浮かぶことができたら、

ゆっくり呼吸をします。

鼻から息を吐き、口で吸います。

立ち方です。

まずビート版から両手同時に手を放します。

片方の手で何か浮かぶものをつかんでいると、

何もつかんでいない方の手との浮力の差で、

身体が回転してバランスを崩します。

この時慌ててしまい、水を飲んだり、パニックになったりします。

ですので、必ず両手同時に手を放します。

 

両手を放すと同時に、身体を丸めて沈み込みます。

この時、鼻から「ン~ッ」と息を吐きます。

自分のおへそを覗き込むようにすると良いでしょう。

 

足が底に着いたら、ゆっくりと立ちます。

 

次に、ビート版なしです。

 

『背浮きのスタート&立ち方・ビート版なし』

両耳を水に入れ、そっとプールの底から足を放します。

 

しつこいようですが、必ず耳を入れます!!!

足が底から離れたら、

ゆっくり呼吸をします。

鼻で吐いて、口から吸います。

目線は真っ直ぐ天井を見ます。

 

立つときは、両手を前に出し、

おへそを見るように体を丸めながら沈み込みます。

この時、しっかり鼻から息を出してください。

 

両足が底に着いたら、ゆっくりと立ちます。

 

いかがでしたでしょうか?

この背浮きの正しいスタートと立ち方を覚えたら

いよいよキックや手の動作を入れてみましょう!

こちら、次回解説しようと思います。

どうぞお楽しみに(^^)。

 

KEYWORDS:

オススメ記事

内村 とん

うちむら とん

現役競技スイマー兼トレーナー


現役競技スイマー兼トレーナー。

高校の水泳部時代、女の子にモテたい一心で、文化祭で男子シンクロを公演。

この実話が、後に映画『ウォーターボーイズ』となって、本人もビックリ。

現在は、泳げない人を最短で25mスイマーに導く専門家として、

日々、プールを訪れる老若男女に泳ぐ幸せをもたらしている。

今も現役で競技に挑み、スタート台に立つマスターズスイマー。

内村亮名義にて著書『超速でマスターするシンプルバタフライ』

『コアスイム・クロール編』(共にランナーズ社)がある。

公式ホームページ http://www.oyoginonayami.com/


この著者の記事一覧