《美食バカ一代》高価で美味いものがタダで食える調査員にジェラシー【ミシュラン完全制覇への道】 |BEST TiMES(ベストタイムズ)

BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

《美食バカ一代》高価で美味いものがタダで食える調査員にジェラシー【ミシュラン完全制覇への道】

タイヤ屋のガイドブックに取りつかれた漢(おとこ)魂の十四皿目

■真実は自腹を切らなきゃ分からない!

 さて、研修が終わり、いよいよ。調査員たちの仕事がスタートしたとしよう。

 調査員は、さっそく、ふたりひと組でレストランに向かう。ホテル担当者はホテルに泊まる。これはさすがの藤山も正確なことを言えないが、レストランは、1週間くらい月曜の昼食から金曜の夕食まで週10軒ひと月に約40軒訪れると思われる。

 ということは、たとえばレストラン担当者が20人いたとすれば、ふたりひと組だからひと月で400軒、1年で4800軒回るということになる。

 彼らがそれぞれ報告書を書き、最終的に全員集まっての会議が行われ、それによって、一ツ星、二ツ星、三ツ星が決まるのではないかと思われる。

 なぜ、そう思われるかと言えば、「誰が決めるのでもない。合議制だ」というのが、唯一、公表されている『ミシュランガイド』からのメッセージだからである。

「合議制? レストランの格付けをするのに?」

 もちろん、藤山はこんな説明にあまり納得しない。

 たとえば、『ミシュランガイド』の編集部に、レストランを担当する調査員が10人いて、全員が同じ店の同じ料理を食べて、それで合議するなら構わない。そして、8人以上が「うまい」と言ったら三ツ星、5人から7人は二ツ星ふたりから4人は一ツ星というのなら、藤山、納得。文句はひと言も言わない。

 だが、それぞれの店に、ふたりの調査員だけが勝手に行って、「ここは三ツ星、ここは二ツ星」はないだろう。

 しかも、調査員の彼らは、フランスの「ピエール・ガニェール」に行ったか、ベルギーの「ホフ・ヴァン・クレーブ」で食べたか、オランダの「デ・リブライエ」のコース料理を堪能したか。

 みんな、世界の三ツ星レストランだ。世界の三ツ星を食べ尽くしてもいないで、「ここは三ツ星」と決める度胸をほめてあげたい。

 特に、僕は『日本版』の調査員にお尋ねしたい。

 世界の三ツ星レストランを制覇していない者が、なんで「この店は三ツ星だ」と決められるのだ。

 合議制? 自分の舌に自信を持ってほしい。「これは間違いなく三ツ星だ」とひとりで大きな声で言えないのか。そして、やはり世界の三ツ星のレストランで、それほど食べてもいない人たちと、何を合議するのだろうか。

 だったら、藤山に評価させれば? 自分のお金で世界の三ツ星を食べてきたんだから、自分ひとりで決められるのでは?

 いや、言い過ぎた。

(次回へ続く)

KEYWORDS:

星の意味するところとは、以下の通り(ミシュランガイドのホームページより引用)

三つ星・・・そのために旅行する価値のある卓越した料理
二つ星・・・遠回りしてでも訪れる価値のある素晴らしい料理
一つ星・・・そのカテゴリーで特においしい料理
ビブグルマン・・・コストパフォーマンスの高い飲食店・レストラン。丁寧に作られた良質な料理が手頃な価格で食べられる
お勧めのお店・・・星、ビブグルマンはつかないけれども調査員お勧めの飲食店・レストラン

オススメ記事

藤山 純二郎

ふじやま じゅんじろう

東京出身。幼稚舎、普通部、高校、大学と慶應義塾で学ぶ。
祖父は日本商工会議所会頭や初代日本航空会長も務め、岸信介内閣の外相で大活躍した藤山愛一郎。純二郎は普通のサラリーマン。
料理評論家の山本益博の薫陶を受け、
89年から『ミシュランガイド』(ミシュラン社)を片手に現在まで28年間、
世界の三ツ星レストランを食べ歩き、全119店中、114店を制覇(2018年9月現在)。現在も、会社に長期休暇をとっては、三ツ星の美食を「胃袋に」収める。
執筆は、91年『東京ポケット・グルメ〈1992-93年版〉』(文藝春秋)、
95年から『東京食べる地図』(昭文社)、『ダイブル−−−−山本益博の東京横浜近郊たべあるき』(昭文社)を95年版から01年版まで記者として参加。

この著者の記事一覧

RELATED BOOKS -関連書籍-

世界のミシュラン三ツ星レストランをほぼほぼ食べ尽くした男の過剰なグルメ紀行
世界のミシュラン三ツ星レストランをほぼほぼ食べ尽くした男の過剰なグルメ紀行
  • 藤山純二郎
  • 2017.09.27