【京大卒美人雀士が勉強では「戦わない」理由】 | BEST T!MESコラム

BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

京大卒美人雀士が勉強では「戦わない」理由

無意味なストレスは点を下げるだけだ 「戦わない」受験勉強法①

大学受験のルールとは何か

 ここで、大学受験のルールを確認しましょう。

 とっても簡単、入試の得点が合格ラインを超えてさえいれば大丈夫です。

 つまり、大切なのは同じ大学志望者を蹴落とすことではなく、入試の合格ラインを超えることなのです。

 競争するのは自分の得点と入試の合格ラインであり、自分と誰かではありません。このことを忘れると、自分と誰かを比べていらないストレスを抱えてしまうことになります。注意してくださいね。

【合格のための真実:その1】ゴール=合格から今の自分の学力まで逆走してどうやったらたどり着けるのかを考えましょう イラスト/おづまりこ

 むしろ周りに同大学同学部志望の人がいるならば、いっしょに協力しながら合格を目指すのもアリです。入試情報を交換したりオススメのテキストを教え合ったりするのに、これほど最適な相手はいません。

 さらに、受験生活においてもっとも仲良くすべき相手がいます。それは自分自身です。だって、大変なことをがんばっているんだから、せめて労ってあげたいじゃないですか。

 受験勉強において「忍耐」はある程度必要ですが、「無理」は禁物です。そして、そこの区別ができるのは、自分だけです。

 少し疲れたな、しんどいなと思ったときは、「無理してない?」って自分に問いかけてみましょう。それで「うーん、無理かも」ってなったときは、少しだけお休みしてみましょう。気分転換にゲームをしたり、お菓子を食べたり、自分にご褒美をあげるのもいいですね。私はよくマンガを読んでいました。自分自身に合ったやり方でマイペースを保つことが重要です。

 他人とも自分とも戦わない。

 これが受験勉強を楽しくやり抜くうえでのいちばんのポイントです。

 このことを踏まえたうえで、合格に向けて具体的にどのようなアプローチをしていくべきなのでしょうか。

 受験当時を振り返ったとき、私が大切にしていたのは以下の5つのことでした。

 ① ゴールを見失わない

 ② どんなときも基本を大切にする

 ③ 人に頼る

 ④ 運とツキを制する

 ⑤ 「楽しい」を忘れない

 そして、このたった5つのことをきちんと実行したおかげで、私は合格までたどり着けたのです。

『「戦わない」受験勉強法』より構成〉

KEYWORDS:

オススメ記事

松嶋 桃

まつしま もも

プロ雀士

1984年生まれ。O型の乙女座。愛知県名古屋市出身。日本プロ麻雀協会所属のプロ雀士。



愛称は「京大式小型肉食獣」。



6歳の頃に祖父から麻雀を伝授されて以来、家族麻雀に没頭。



中高は私立の一貫教育で「平和」にのびのび育つも成績は急降下。



心機一転して高3から受験勉強をはじめ、



麻雀で培った独自の「短期間集中の勉強法」で京都大学法学部に現役合格。



大学4年間はさらに麻雀にのめり込むことになる。



就活もせずにうっかり卒業後、同志社のロースクール(法科大学院)に特待生合格。



ここでの経験を通して、初めて自分の本当にやりたいことに気づく。



卒業後、日本プロ麻雀協会の第9期後期プロテストに正規トップ合格。



晴れて「初」の京大卒女流プロ雀士になる。



公式ツイッター『松嶋 桃』https://twitter.com/matsumomo916



公式ブログ『松嶋桃の「ももぶろ」。』https://ameblo.jp/cats-sillabub-momo/


この著者の記事一覧

RELATED BOOKS -関連書籍-

京大卒雀士「戦わない」受験勉強法 一流大学に合格するために必要なたった5つのこと
京大卒雀士「戦わない」受験勉強法 一流大学に合格するために必要なたった5つのこと
  • 松嶋 桃
  • 2017.12.19