中村憲剛「雨が降れば観客は3000人程度だった」15年前を知るからこそ抱く川崎Fへの思い | BEST TiMESコラム

BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

中村憲剛「雨が降れば観客は3000人程度だった」15年前を知るからこそ抱く川崎Fへの思い

中村憲剛選手12月毎日更新 Q29 川崎フロンターレ一筋でプレーして15年。フロンターレの選手で良かったなと思うことは?

“環境への慣れ”はクラブが大きくなった証

 そもそも、人間ってどうしても環境に慣れてしまうところがあるじゃないですか。
 若い人に、『昔はこうだったんだぞ』と言っても、おそらくピンと来ないように、スタジアムも立派になり、満員にもなっている中で、『当時は苦しかったんだぞ』と言っても、『そうなんですね』としか返しようがない(苦笑)。それに僕は、若い選手たちに、それを言う必要もなければ、押しつける必要もないと思うんです。そうした歴史がこのチームにはあって、いろんな人達でそれを積み上げてきた。クラブが大きくなったり、それを知ってもらうことは大事だと思っています。強くなっていくとは、そういうことなんじゃないかなとも思うんです。

 それで言うと、ワールドカップにしても同様ですよね。以前は、出場することが目標だった大会でしたけど、今では日本中の認識として、出場することが当たり前になった。その流れがプレーする選手たちを強くし、チームを強くするわけです。そして応援してくれる人が増えれば、当然、批判する人も増えるわけで、その両面が、チームを大きくしていく。クラブもそうですよね。だから、入場者数というものも、やはり大事なんです。

次のページ歴史を知っているからこその感謝がある

KEYWORDS:

オススメ記事

中村 憲剛

なかむら けんご

プロサッカー選手。川崎フロンターレ所属(背番号14)。

1980年10月31日生まれ。東京都小平市出身。6歳のときに府ロクサッカークラブでサッカーを始め、小金井第二中学校、都立久留米高校、中央大学を経て、2003年に川崎フロンターレに加入。2016年、歴代最年長の36歳でJリーグアウォーズ最優秀選手賞を獲得。プロ15年目を迎えた2017年現在も、チームの中心選手として活躍中。


この著者の記事一覧