蘇我石川宿禰から高麗までの4代は、蘇我氏のなかでも朝廷の倉に関わる職務を世襲し、河内国石川郡を拠点とした蘇我倉氏(のちの石川氏)が独自に形成した系譜とみなすべきである。蘇我倉氏は蘇我氏の数ある分家の一つにすぎなかったが、後述する乙巳の変で蝦夷・入鹿が滅んだのを機に本家・本流に取って代わった。

 蘇我倉氏の系譜に朝鮮三国と関わりのある人名がみえるのは、蘇我倉氏が倉に関係する職務を遂行する過程で朝鮮半島との太いパイプができたことを反映している。それと同時に、蘇我倉氏の祖というべき麻呂(別名が雄正)が、蘇我氏の2代目馬子と河内国石川郡に住む渡来系豪族の女性とのあいだに生まれたことに由来すると考えられる。そのため麻呂は「韓人」とよばれていた。蘇我氏自体は渡来系豪族ではありえないが、蘇我倉氏は渡来系であった可能性が高い。