《美食バカ一代》ウンチク=フランスを代表するガイドブックの責任者がアメリカ人である理由【ミシュラン完全制覇への道】 |BEST TiMES(ベストタイムズ)

BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

《美食バカ一代》ウンチク=フランスを代表するガイドブックの責任者がアメリカ人である理由【ミシュラン完全制覇への道】

タイヤ屋のガイドブックに取りつかれた漢(おとこ)魂の十一皿目


『ミシュランガイド』に掲載されただけで、シェフの運命は変わる。そして世界中のシェフが星を獲得するために、日々邁進する強大なモチベーションになる。いわばこれは食の甲子園、もしくはオリンピックとも呼ぶべきだろう。「世界のミシュラン三ツ星レストランをほぼほぼ食べ尽くした男の過剰なグルメ紀行」の著者である藤山氏は、その存在の意義を指摘する。『ミシュランガイド』の深遠なる世界観、そしてさらなるトリビア(雑学的な豆知識)を教えて頂こう!


■ミシュランが国外へ手を伸ばす!

 やがて『ミシュランガイド』は、フランス以外のホテルやレストランにも手を伸ばすようになった。最初に『国外版』ができたのは56年の『イタリア版』。続いて、『ベネルクス版』。わかるよね、ベネルクス。顔じゃない。ベルギー、オランダ、ルクセンブルグが対象だった。そして、『スペイン版』と続いた。

 でも、藤山に言わせれば、まあ、『ヨーロッパ版』なら「自動車による旅行者のためのガイドブック」という目的の制限内だ。フランスを中心に、モータリゼーションの発達に合わせて、隣となりの国、近隣の国まで足を伸ばしただけのことだから。

 ところが、2004年、第6代総責任者になったジャン・リュック・ナレ(1961~)氏が赴任してから、『ミシュランガイド』は驚くべき変身を遂とげる。

 まず、それまでのヨーロッパのみだった対象地域を一気に拡大し、05年には初めて『ニューヨーク・シティ版』を出した。その後、『ロサンゼルス版』『サンフランシスコとベイエリア版』『ラスベガス版』『シカゴ版』など、アメリカに進出。

 2007年には、『東京版』など、どんどん範囲を広げていったのである。

 こうなると、ミシュラン兄弟の「モータリゼーションへの貢献」の範囲を超えている。藤山は、この時、『ミシュランガイド』からタイヤが脱輪したような気がした。

 ちなみに、藤山は、この改革の張本人であり総責任者だったジャン・リュック・ナレ氏と会って、一般人として、きちんと話をしている。もちろん、サインもある。話の内容は、もちろん、なぜ世界戦略を企くわだてたのかだけでなく、結構、文化的な話だった覚えがある。

 うれしかったのは、僕を単なる「食べ歩きライター」としてではなく、『ミシュランガイド』の読者の代表であり、美食家であることを、この時、ナレ氏はきちんと認めてくれたのである。

 ついでに言えば、日本ミシュランの当時の社長で、いまの会長であるベルナール・デルマス(1954~)氏とも話をした。この方はフランス人だが、日本語がペラペラだから、藤山の意見も深く、よく聞いてくれた。

 16年にもイベントで再会し、いろいろ質問した。世界のミシュランの代表者と気軽に話せる藤山純二郎の凛々(りり)しい姿が、間違いなく、そこにあった……。何を書いていてるんだか。

 なお、この拡大路線を展開したジャン・リュック・ナレ氏は6年目の10年で退任。そのあとはアメリカ人マイケル・エリス氏が総責任者になった。この人、ミシュランの2輪タイヤ販売本部門の副社長だったとか。藤山は、このエリス氏とは面識はない。

 ダンロップの自転車の修理から生まれたミシュラン社、なんだか因縁を感じる。それにしても、フランスを代表する『ミシュランガイド』のいまの総責任者がアメリカ人だということはあまり知られていない。

次のページ世界で『ミシュランガイド』はどのくらい出ているのか

KEYWORDS:

星の意味するところとは、以下の通り(ミシュランガイドのホームページより引用)

三つ星・・・そのために旅行する価値のある卓越した料理
二つ星・・・遠回りしてでも訪れる価値のある素晴らしい料理
一つ星・・・そのカテゴリーで特においしい料理
ビブグルマン・・・コストパフォーマンスの高い飲食店・レストラン。丁寧に作られた良質な料理が手頃な価格で食べられる
お勧めのお店・・・星、ビブグルマンはつかないけれども調査員お勧めの飲食店・レストラン

オススメ記事

藤山 純二郎

ふじやま じゅんじろう

東京出身。幼稚舎、普通部、高校、大学と慶應義塾で学ぶ。
祖父は日本商工会議所会頭や初代日本航空会長も務め、岸信介内閣の外相で大活躍した藤山愛一郎。純二郎は普通のサラリーマン。
料理評論家の山本益博の薫陶を受け、
89年から『ミシュランガイド』(ミシュラン社)を片手に現在まで28年間、
世界の三ツ星レストランを食べ歩き、全119店中、114店を制覇(2018年9月現在)。現在も、会社に長期休暇をとっては、三ツ星の美食を「胃袋に」収める。
執筆は、91年『東京ポケット・グルメ〈1992-93年版〉』(文藝春秋)、
95年から『東京食べる地図』(昭文社)、『ダイブル−−−−山本益博の東京横浜近郊たべあるき』(昭文社)を95年版から01年版まで記者として参加。

この著者の記事一覧

RELATED BOOKS -関連書籍-

世界のミシュラン三ツ星レストランをほぼほぼ食べ尽くした男の過剰なグルメ紀行
世界のミシュラン三ツ星レストランをほぼほぼ食べ尽くした男の過剰なグルメ紀行
  • 藤山純二郎
  • 2017.09.27