目に見えない障害も含めて解除させていくのがロミロミ

 

 このエナジーは「アカコード」と呼ばれ、蜘蛛の糸のように人と人、人と物、特定の場所を結びつけていると言われています。

 アカ(Aka)はハワイ語で影、コード(Cord)は英語で糸やひもを意味しますから、縁のある人どうしが見えない糸でつながっていて、その絆が強いほど太くなると考えられているのです。

 日本の「縁結び」などの言葉と重なり合いますが、こうした縁=アカコードはいいことばかりに働くとは限りません。過去につながったアカコードという見えない糸がたくさん残っていて、人生の歩みを妨げていることも多いからです。

 このアカコードがつながっている場所が腰にあたります。ロミロミの施術が一般的なマッサージと異なるのは、体じゅうにマナを流すことでこうした目に見えないアカコードを断ち切ること、アカコード・カッティングも目的にしているからです。

 同様に、人生に支えが足りないと膝の痛みになって現れます。柔軟性が足りないと足首の捻挫などになります。単に体に痛みやコリがあるからほぐすのではなく、目に見えない障害も含めて解除させていくのがロミロミなのです。

 ロミロミはエナジーワークだと言われるのも、それゆえです。マッサージが感情の浄化にもつながっていくのです。

 〈『ハワイ式腸のマッサージ』より構成〉