【ヒロシ「毎朝頭痛が…」辛かった営業マン時代】 | BEST T!MESコラム

BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

ヒロシ「毎朝頭痛が…」辛かった営業マン時代

ヒロシさん11月毎日更新 Q6 営業マン時代の経験を教えてください!

ヒロシさんはじつはお笑い芸人になる前に、社会人経験がありました。それはなんと営業マン!「人見知り」には最も向いていない職業なのでした。入社して間もなく会社には行けなくなったそう。

人見知りなのに営業マン

 

 大学卒業後、半年間だけ保険会社で営業の仕事に就いていました。ホストは別にして、これが僕の唯一の社会人経験ですね。

 でも就職する気なんてなかったんですよ。ある日親に「バイトの面接があるから行ってこい!」と言われまして、向かったらその保険会社の社員採用の面接でした。そんな感じで入ったんです。

 でもその会社にいたときはとにかく辛かった。周りは有名大学を出たエリートばかり。営業で入った僕とは住む世界が違う感じで、話も合わない。会社に行っても誰もしゃべる相手がいませんでした。

 自分の「人見知りぶり」を痛感させられたのもこの頃です。いやうすうす気づいてはいました。小学校、中学校、高校、大学と進むにつれ「俺って人見知りなのかな」と思う機会が増えてきた。それで社会人になって、営業でしょ。知らない人にバンバン電話かけて、会いに行って…自分にはとてもできないわけです。そこで「ああ、俺ってやっぱり人見知りなんだ」とダイレクトに気付かされました。

 

身内を加入させてやっと辞められた

 結果入社して1ヶ月もたたないうちに、毎朝頭痛がするように。ガンガン、ガンガン…偏頭痛みたいな症状です。結局会社には、1回目の給料が振り込まれたのを最後にして行きませんでした。無断欠勤です。そしたらある朝、僕が家で寝ていると支店長がやってきて叩き起こされました。「もうちょっと頑張れ。仕事はボランティアじゃないんだよ。せめて少し契約をとってから辞めてくれ」と気合を入れられました。それで身内をある程度保険に加入させて辞められたんです。

 ホスト時代もそうですけど、営業マン時代も、「この時の苦しい経験が今に生きている」なんて、いい話は出てこないんですよね。なんたって、当時の僕は全く売る気がない営業マンでしたから。

 学んだこと…あえて言えば社会の仕組みを少し知れたことでしょうか。保険会社も、結局営業マンの身内を数人契約させれれば、その人が辞めても会社は回っていくんだなと。

明日の質問は…〈Q7 芸人時代の貧乏エピソードを教えてください〉です。

KEYWORDS:

撮影協力:東京ベイ有明ワシントンホテル

オススメ記事

ヒロシ

ひろし

ヒロシ・コーポレーション所属(サンミュージック企画業務提携)

お笑い芸人。漫談師、ベーシスト、俳優。


 



本名、齊藤 健一(さいとう けんいち)。 熊本県荒尾市出身(福岡県大牟田市生まれ)。 九州産業大学商学部商学科卒業。身長175センチメートル、体重70キログラム、血液型はO型。 趣味は釣り、キャンプ、キャンプグッズ集め、家庭菜園、バンド活動(ベース担当)。特技は「あるんだったらテレビに出てるよね」(ヒロシ談)。小型船舶操縦免許取得。自身のいらだちを熊本弁でつぶやく「ヒロシです」が人気を博し、一躍お茶の間の人気者に。最近では、カラオケ喫茶「ヒロシの店」をオープンさせるなど活動の幅を広げている。


この著者の記事一覧