〈自分を演じる〉

ーーEXILE SHOKICHIさんが作詞した「Acting Myself」は、どんな想いを込めた楽曲なのでしょうか?

SWAY 僕がHIP HOPというものに出会って、この音楽で夢をつかみたいと思った時からのシナリオを、EXILE SHOKICHIに渡して書いてもらいました。タイトル通り〈自分を演じる〉っていう曲なんですけど、自分の中には自分が複数人いる感覚ってありますよね。自分の背中を押してくれる自分、自分を守るための自分、自分を弱くする自分もいたり。なりたい自分になるためには、ずっと自分を演じていかなければならない。そんなことを曲にしたいと思って、プロデューサーのSUNNY BOYに誰に作詞をお願いしたらいいか相談したら、「札幌時代からずっとSWAYを見てくれているSHOKICHIくんに書いてもらえば?」とアドバイスをもらいました。そこで、EXILE SHOKICHIに作詞をお願いしたんですけど、ラップ部分は彼が書いた歌詞に対する僕からのアンサーになっています。そういった遊びをこの曲でやれたことも、個人的にこの曲が好きな理由です。

ーーソロ・デビュー作となる今作で、EXILE SHOKICHIさんの作詞曲が収録されているのは、ふたりの関係性を知っているファンにはグッと来ると思います。

SWAY でも、最初はEXILE SHOKICHIの名前は伏せようと思っていたんです。

ーーそれはなぜですか?

SWAY EXILE SHOKICHIが書いた曲なんだって先入観を持って聴かれるよりも、純粋にこの曲を聴いて欲しかったんです。EXILE SHOKICHIが書いてくれた曲という以前に、僕にとっては地元の大切な友達が書いてくれた曲でもあるんです。ぜひクレジットを見ないで聴いてもらいたいですね(笑)。

ーー今作で表現できたSWAYの世界観とは、どんなものでしょうか?

SWAY 今まで僕を見てきてくださった方は、確実にビックリする作品になったと思います。今日も実際にメイクさんに聴いてもらって、「え!? これSWAYくんですか?」みたいな驚きをいただきました(笑)。この挑戦をリスナーの方々がどう感じてくださるかが、逆に楽しみです。DOBERMAN INFINITYのファンの方々や自分のファンの方に喜んでいただきたいのはもちろんですが、音楽が好きな人たちにどんどん認めてもらえるような曲をこれからも作っていきたいと思っています。

ーー逆にソロとしての活動が、今後DOBERMAN INFINITYの活動にどのように影響してくると思いますか?

SWAY ソロで小回りを効かせて活動することで、DOBERMAN INFINITYでは獲れなかったコインを獲っていくことが、僕の役目なのかなと思っています。DOBERMAN INFINITYでは表せない世界観をSWAYで表現することによって、より多くの人に愛される音楽を発信していけるということは、DOBERMAN INFINITYの活動にも大きなプラスになると思っています。SWAYプロジェクトに対して快く背中を押してくれたDOBERMAN INFINITYのみんなの期待は絶対に裏切りたくないですし、期待以上のものを返したいです。

ーー最後に、いつも応援してくれている『月刊EXILE』読者にメッセージをお願いします。

SWAY 確か『月刊EXILE』に初めて出させていただいたのが6年前。EXILE SHOKICHIにLDHを紹介してもらって、EXILEさんを始めLDHに所属するアーティストのみなさんのエンタテインメントに対する姿勢が、ずっとクラブ畑で活動してきた自分にとっては凄く衝撃的でした。その姿勢を近くで見させてもらってきたからこそ、SWAYという個性が生まれたと思っています。『月刊EXILE』の読者であるみなさんからも、LDHに新しいアーティストが出てきたと思っていただけるような、新鮮な楽曲を作っていきたいと思っています。ぜひそこを楽しみに、このSWAYプロジェクトを応援してもらえたら嬉しいです。