【「人ってのは出会いだからね」流しの新太郎が教えてくれたこと 】 | BEST T!MESコラム

BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

「人ってのは出会いだからね」流しの新太郎が教えてくれたこと 

『流れて、流しの新太郎: 新宿・四谷荒木町の演歌師伝説』発売

ギター一本で全国を流転した男の生きざま

 

 終戦直後、上野で母親とはぐれ、浮浪児の群れへ。

 14歳で「流し」デビューした新太郎。ギター一本抱えて、

 全国流転の旅人生。流れ流れて新宿・四谷荒木町に辿りつく。

 本年8月、荒木町に骨を埋めるまで「流し生活60年」を生き抜く。

 本書は、「伝説のギター流し」新太郎の軌跡を辿りつつ、戦後から

 昭和、平成の時代背景を探り、演歌を通して大衆芸能史を炙り出す。

 

 

「人ってのは出会いだからね」が口癖だった新太郎が語る人情昭和と

哀愁酒場の思い出話……波乱万丈、笑って泣けて「いい話」満載の

感動ドキュメントである。

*カラーグラビアと本文中に撮り下ろし&懐かしの写真69点掲載!

【目次】

序章 荒木町の新太郎

1章 浮浪児から流しへ

2章 北へ

3章 西へ

4章 平塚の新太郎

終章 荒木町に骨を埋めたい

KEYWORDS:

オススメ記事

千都 譲司

ノンフィクションライター。昭和24年、東京生まれ。コン

ピュータ関連の雑誌編集、マニュアル執筆等を経て、現在に至る。

「囲碁未来」(日本棋院発行)に少年が囲碁を通じて成長していく物語

『キッド』を連載、好評を得る。荒木町近くに移り住み12年になる。


この著者の記事一覧

RELATED BOOKS -関連書籍-

流れて、流しの新太郎: 新宿・四谷荒木町の演歌師伝説
流れて、流しの新太郎: 新宿・四谷荒木町の演歌師伝説
  • 譲司, 千都
  • 2017.10.23