日本は大人のバランスを持った国ではない〜三島由紀夫が叱った現代日本① |BEST TiMES(ベストタイムズ)

BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

日本は大人のバランスを持った国ではない〜三島由紀夫が叱った現代日本①

日本人は豚になる〜三島由紀夫の予言


菅義偉政権という名の実質8年目の安倍政権が発足した。悪夢は依然続いている。菅はロシアのプーチンと電話で会談し「北方領土問題に終止符を打ちたい」と発言。北朝鮮の拉致問題に関しては「あらゆるチャンスを逃すことなく活路を開いていきたい」。では78カ月にわたる官房長官時代にこの男はなにをやってきたのか。全方位売国ではないか。森友事件、「桜を見る会」事件などあらゆる疑惑が隠蔽され、日本は急速に劣化した。三島由紀夫は日本の行く末を正確に予言していた。作家適菜収氏が新刊『日本人は豚になる 三島由紀夫の予言』でそのすべてを明らかにする。


2020年10月29日に国会の衆院代表質問に答える菅義偉首相。

■世界の静かな中心であれ

 以前、安倍晋三とラノベ作家の百田尚樹が『日本よ、世界の真ん中で咲き誇れ』という愚にもつかない対談本を出していた。その中で安倍は「世界の歴史を振り返っても、一国のリーダーが判断を誤ったために国が滅びたことは何度もある」などと言っていたが、実際、そうなってしまった。

 三島の読者なら、このタイトルから次の文章を連想するだろう。

・・・・・・・・・・

 古代ギリシア人は、小さな国に住み、バランスある思考を持ち、真の現実主義をわがものにしてゐた。われわれは厖大な大国よりも、発狂しやすくない資質を持つてゐることを、感謝しなければならない。世界の静かな中心であれ。(「世界の静かな中心であれ」)

・・・・・・・・・・

 安倍は「政治も外交もリアリズムが大切だ」と言う。しかし、リアリズムが完全に欠如しているから政治も外交も失敗したのだ。

 安倍と周辺の一味は、国を乱し、世に害を与えてきた。

 二〇二〇年八月二八日、安倍は「本年六月の定期検診で、(潰瘍性大腸炎)再発の兆候がみられると指摘を受けました」などとお涙頂戴の辞任会見を行い、直後に支持率は急上昇した。連中はメディアに事前リークして病院通いを大々的に報道させてきたが、谷口智彦内閣官房参与の証言によれば、九月一一日には安倍はコース料理を完食し、酒まで飲んでいる。

 持病の再発の徴候があったと主張する六月以降も、安倍は高級レストランで宴会三昧。九月二三日の読売新聞のインタビューでは、ほとぼりも冷めたとばかりに、「首相から求められれば、(外交特使など)様々なお手伝いもしたい」などと述べていた。

 盗人猛々しい。

安倍晋三前首相

 対米、対ロシア、対中国、対北朝鮮……。外交で失敗を重ね、「桜を見る会」や森友学園問題などあらゆる疑惑の追及から逃げ出しただけではないか。

 連中が示しているのはバランスある思考の欠如であり、現実主義の対極にある妄想であり「発狂」そのものである。

次のページ政治にとってバランスとは何か?

KEYWORDS:

オススメ記事

適菜 収

てきな おさむ

1975年山梨県生まれ。作家。ニーチェの代表作『アンチクリスト』を現代語にした『キリスト教は邪教です!』、『ゲーテの警告 日本を滅ぼす「B層」の正体』、『ニーチェの警鐘 日本を蝕む「B層」の害毒』、『ミシマの警告 保守を偽装するB層の害毒』、『小林秀雄の警告 近代はなぜ暴走したのか?」(以上、講談社+α新書)、『日本をダメにしたB層の研究』(講談社+α文庫)、『なぜ世界は不幸になったのか』(角川春樹事務所)、呉智英との共著『愚民文明の暴走』(講談社)、中野剛志・中野信子との共著『脳・戦争・ナショナリズム 近代的人間観の超克』(文春新書)、『遅読術』、『安倍でもわかる政治思想入門』、清水忠史との共著『日本共産党政権奪取の条件』(KKベストセラーズ)など著書40冊以上。購読者参加型メルマガ「適菜収のメールマガジン」も始動。https://foomii.com/00171


この著者の記事一覧

RELATED BOOKS -関連書籍-

日本人は豚になる: 三島由紀夫の予言
日本人は豚になる: 三島由紀夫の予言
  • 適菜 収
  • 2020.11.05
国賊論
国賊論
  • 収, 適菜
  • 2020.04.21