<十大財閥の家紋>

●野村家「蔦」
 這い茂り増え続ける蔦は、一家繁栄の吉祥紋。昭和29年制定の社章は野村家の蔦紋に屋号「ヤマト」と組み合わせたものだ。

野村家「蔦」

●古河財閥「鬼蔦」
「枕草子」などで幽艶な美しさを讃えられた蔦は文様として流行、徳川吉宗も用いている。鬼蔦は葉の縁が鋸刃状になったもの。

古河財閥「鬼蔦」

●中島家「下がり藤」
 中島家の下がり藤は、一条家、二条家、九条家などとは異なり、中央に垂れる蔓がなく、藤円(ふじのまる)に形象化されている。

中島家「下がり藤」

●大倉家「溝口菱」
 正倉院御物にも見られる文様が菱紋の始まりだが、基本形が単純なだけに変化も多様。この紋は菱形を5つ重ねた図像になっている。

大倉家「溝口菱」

●鮎川家「丸に左三つ巴」
 西園寺家が最初に牛車につけた事で知られる巴紋は、次々に変化して二つ巴、三つ巴などを生んだ。鮎川家の巴には丸が付いている。

鮎川家「丸に左三つ巴」

●浅野家「浅野扇(沢瀉扇)」
 沼や田に生える沢瀉は矢尻型の葉をもち、白い花が咲く多年草。半開きのたたみ扇を加えた家紋は、浅野扇紋ともいう。

浅野家「浅野扇(沢瀉扇)」

『一個人 別册 日本人の名字の大疑問』(2017年9月27日発売)より構成〉