周辺の乞食言論人

 安倍に唯一功績があるとしたら、周囲に集まってきた乞食言論人や自称「保守メディア」の正体を、完全に明らかにしてしまったことでしょう。安倍を礼賛することによって飯を食ってきた連中ですね。こうした人間についても、きちんと総括しておく必要があります。

 先日某誌の元編集長にこう聞かれました。

「安倍政権の周辺に一気にいかがわしい連中が集まりましたが、一人ひとりを見ると小物なんですよ。自己顕示欲は強いけど、実は弱々しい連中が多いのはなぜでしょう?」

 結局、おこぼれにあずかろうとする乞食なんですよ。太鼓持ちです。強い人間に庇護されたい人たち。安倍ヨイショ本を書いて、官邸に買い上げてもらったり。

 小物だからこそ、自分を大物に見せたがる。旧仮名遣いで虚勢を張ったり。面白かったのは、その旧仮名を現代仮名に直したら、中学生の作文レベルだったという話。

「小物界の大物」というフレーズがあります。狩野英孝みたいな一発屋芸人が、「小物界の大物」とからかわれたりする。

 私が考えたのは、「小物界の自称大物」というフレーズ。

 小物界においても、大物ですらない。

 レイプ疑惑の元TBSの山口敬之もそうですが、安倍ヨイショを続ければなんらかのメリットがあるのでしょう。