【世界大学ランキング3位の攻略法。理系エリートはスタンフォードを目指すべし!】 | BEST T!MESコラム

BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

世界大学ランキング3位の攻略法。理系エリートはスタンフォードを目指すべし!

世界の名門大学「スタンフォード大学」【対策編】

先日発表された、タイムズハイヤーエディケーションによる世界大学ランキング。言わずと知れた日本の最高学府、東京大学ですら46位。ではその上位に食い込む大学は何が違うのか? 同大学ランキング3位、スタンフォード大学の傾向を読み解く。

世界大学ランキング3位。「21世紀のハーバード」の実力

スタンフォードは理系が強い!

 では合格するための要素は何が必要なのでしょうか?まず、学校の特徴を把握するところからスタートしましょう。

 スタンフォードは、全てのプログラムに強みがあるというわけではなく、分野による偏りがかなりあります。他の大学に比べて、STEM(科学:Science、技術:Technology、工学:Engineering、数学:Math)により重点を置いた大学です。したがってSTEM分野が得意で秀でている学生は、出願する際に有利になります。

 ただ、例えば「工学」でいくとしても、幅広く工学は何でもいける、という生徒ではなく、工学の中でも特にこの分野で群を抜いて高いスキルや実績を持っている、という生徒が好まれます。工学(エンジニアリング)と言っても、生物工学、医療工学、電子工学、機械工学、宇宙工学、材料工学など様々なエリアがあります。このどれに興味があり、自分にどんなスキルがあり、何を成し遂げたいのか?こうした明確な「ビジョン」を持っている出願者こそが合格を勝ち取ります。

次のページ文系にもチャンスはある.....!?

KEYWORDS:

オススメ記事

山内 勇樹

やまうち ゆうき

株式会社Sapiens Sapiens代表取締役。留学コンサルタント。1980年長崎生まれ、広島育ち。高校時代は体育高校で偏差値39だったが、高校卒業後アメリカ・カリフォルニア州に渡米。公立短大であるLong Beach City Collegeへ入学後、編入でUCLAに入学、卒業。脳神経科(Neuroscience Major)専攻。2006年より、日本にて、留学サポート・英語指導に関するサービスを提供。英語力はTOEIC990点満点、TOEIC SW400点満点。Sapiens SapiensHP:http://sapiens-sapiens.com/



★下記問い合わせフォームから、質問を受けつけています★ 














この著者の記事一覧