【家計再生のプロだって “欲望に弱い”。カードは「使わない」ではなく「持たない」】 | BEST T!MESコラム

BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

家計再生のプロだって “欲望に弱い”。カードは「使わない」ではなく「持たない」

自分の欲望を否定せずに、認めてみよう

多くの依頼者の家計スリムアップを成功させてきた家計再生コンサルタントの横山光昭先生に教わる貯金とダイエットの深い関係。前回は、貯金とダイエットの成功には「自分をいかにコントロールできるかが鍵」という共通点があることがわかりました。では、この2つを挫折しないで続ける方法とは?

◆「食べたい」「買いたい」というのは当然の欲求

 

 家計再生コンサルタントという職業をしていますが、じつは僕自身はカードとかを持ったら絶対にダメなタイプです。よく食べるし、よく飲むし、酔ったらカードを切っちゃう……。だから、僕はクレジットカードを「持たない」と決めています。基本的に現金払い。あとは、ブランドデビットカードだけです。どうしても貯金ができない人は、そうやって強行手段に出るのもひとつの手でしょう。ポイントはカードを「使わない」ではなく、「持たない」ことです。

 前回【やっぱり! 「やせられない人はお金も貯まらない」家計再生のカリスマも認めた真理】お話したように、自分をコントロールする、節制するというのは非常に重要です。ただ、人間ですから自分に厳しいだけではいつか限界がきてしまいます。ストレスをうまく回避できないと、体の調子も悪くなり、ガマンしすぎて爆発してしまうかもしれません。

 自分が「弱いこと」を正直に認めてしまっていいのです。「食べたい」「買いたい」という気持ちを持つのは、人間として当然の欲求ですから。もし節制が大きなストレスとなっているようでしたら、自分が弱い人間であることを否定せず、素直に認めてしまっていいのです。

次のページ◆自分の欲望も計画に組み込んでマネジメントせよ

KEYWORDS:

オススメ記事

横山 光昭

よこやま みつあき

家計再生コンサルタント。

株式会社マイエフピー代表取締役社長。家計の借金・ローンを中心に、盲点を探りながら抜本的解決、確実な再生をめざす。

個別の相談・指導では独自の貯金プログラムを活かし、リバウンドのない再生と飛躍を実現し、これまで10,000人以上の赤字家計を再生した。業界でも異端児的活動で、各種メディアへの執筆・講演も多数。

独自の貯金法などを紹介した『年収200万円からの貯金生活宣言』(ディスカバー・トゥエンティワン)や『貯められる人は、超シンプル』(大和書房)、ベストセラー『はじめての人のための3000円投資生活』(アスコム)、小社刊『手取り20万円台でも「貯まる家計」に変わる新常識?』(ベストセラーズ)等著書も多数。NHK、TBS、フジTV、などへの出演も多数で、雑誌、新聞、ラジオでも活動している。日本経済新聞社のWebサイトでも連載を公開中。全国の読者や依頼者から共感や応援の声が集まる、庶民派ファイナンシャルプランナー。

「株式会社マイエフピー」http://www.myfp.jp/


この著者の記事一覧

RELATED BOOKS -関連書籍-

手取り20万円台でも「貯まる家計」に変わる新常識44 (ワニの本)
手取り20万円台でも「貯まる家計」に変わる新常識44 (ワニの本)
  • 横山光昭
  • 2017.03.01