【戦後突然ヒーローに祭り上げられた信長】 | BEST T!MESコラム

BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

戦後突然ヒーローに祭り上げられた信長

大間違いの織田信長 ⑪ 戦前に信長を評価したのは、たったの三人!?

戦後に突然ヒーローになった信長

 戦前まで話を進めて来ましたが、まだ信長は〝関脇〟のままです。つまり信長は戦後になって急に「英雄」になります。それが何の因果か、部下の秀吉と入れ替わる形でした。

 戦前最大のヒーローは豊臣秀吉でしたが、戦後日本においてのタブーを犯しています。それが朝鮮出兵です。大日本帝国は朝鮮半島に攻め込もうとしていた時期なので、本当に攻め込んだ秀吉は偉い! だったのですが、戦後は外国人を殺しまくったということで、ヒーロー扱いできなくなります。

 今でこそ侵略は悪いと思われていますが、当時は褒め言葉でした。どんなに早くても一九一九年のベルサイユ会議までそんなことを言っている人はいませんし、一九二八年に不戦条約で初めて公式に侵略戦争は良くないと言われましたが、実際はどうだったか……。

人類の不幸の9割はウッドロー・ウィルソンのせいかもしれない

 ちなみに、私が色々な本で悪評をしまくっているウッドロー・ウィルソンというアメリカ合衆国大統領がいますが、一九一九年の時点では彼が勝手に言ってるだけで、世界的な価値観にはなっていません。それが一九四五年に国際連合ができて、国連憲章で侵略戦争が禁止された瞬間に、いきなり悪い言葉になります。しかも日本は敗戦国です。朝鮮出兵をして外国人を殺しまくった秀吉は、 とても英雄扱いできない。そんな時代背景がありました。

 では代わりのヒーローは誰にしようとなったときに、秀吉の上司だったではないか、良いところまで行ったではないか、ということで織田信長がクローズアップされます。

 信長は国内の人を殺しまくったけれども、外国人を一人も殺していないし、むしろ外国人には優しくて、雇った黒人奴隷に「お前は肌が黒いから洗ってやる」と言って、背中をゴシゴシしたという実話があります。ちなみに、その黒人はヤスケという名前で、本能寺の変まで従っていて、お前は日本人じゃないから逃げていいよと言われて女の子と一緒に逃がしてもらえました。

『大間違いの織田信長』(著・倉山満)より構成〉

明日は『戦後浸透した、風雲児信長のイメージ』

大間違いの織田信長⑫ 萬屋錦之助と大河ドラマ『国盗り物語』です

KEYWORDS:

オススメ記事

倉山 満

くらやま みつる

憲政史研究家

1973年、香川県生まれ。憲政史研究家。

1996年、中央大学文学部史学科国史学専攻卒業後、同大学院博士前期課程を修了。

在学中より国士舘大学日本政教研究所非常勤研究員を務め、2015年まで日本国憲法を教える。2012年、希望日本研究所所長を務める。

著書に、『誰が殺した? 日本国憲法!』(講談社)『検証 財務省の近現代史 政治との闘い150年を読む』(光文社)『日本人だけが知らない「本当の世界史」』(PHP研究所)『嘘だらけの日米近現代史』などをはじめとする「?だらけシリーズ」『保守の心得』『帝国憲法の真実』(いずれも扶桑社)『反日プロパガンダの近現代史』(アスペクト)『常識から疑え! 山川日本史〈近現代史編〉』(上・下いずれもヒカルランド)『逆にしたらよくわかる教育勅語 -ほんとうは危険思想なんかじゃなかった』(ハート出版)『お役所仕事の大東亜戦争』(三才ブックス)『倉山満が読み解く 太平記の時代―最強の日本人論・逞しい室町の人々』(青林堂)『大間違いの太平洋戦争』『真・戦争論 世界大戦と危険な半島』(いずれも小社刊)など多数。

現在、ブログ「倉山満の砦」やコンテンツ配信サービス「倉山塾」(https://kurayama.cd-pf.net/)や「チャンネルくらら」(https://www.youtube.com/channel/UCDrXxofz1CIOo9vqwHqfIyg)などで積極的に言論活動を行っている。



 


この著者の記事一覧

RELATED BOOKS -関連書籍-

大間違いの織田信長
大間違いの織田信長
  • 倉山 満
  • 2017.08.19
大間違いのアメリカ合衆国
大間違いのアメリカ合衆国
  • 倉山 満
  • 2016.07.26
真・戦争論 世界大戦と危険な半島
真・戦争論 世界大戦と危険な半島
  • 倉山 満
  • 2015.03.26