“なんくるないさ”には抜け落ちているものがある

 ここでもう一度“なんくるないさ”という言葉に戻りたい。

 簡単にいうと「どうにかなるよ」という意味で県民が好んで使う言葉だ。沖縄に旅行をしたことがある人は一度は県民が口にするのを耳にしたことがあるだろう。

 しかし本当は「“まくとぅーそうけば”、なんくるないさ」であり、枕詞が抜け落ちているのだ。
 「正しいことをしておけば、物事はいいように進むものだよ」という昔の人の言葉である。

 実際のところ“なんくるないさ”ではどうにもならないことの方が多いはずだ。先人から継承した本当の精神に気づくことができれば、沖縄の貧困はまた違った形になるかもしれない。

関連記事①:〈日本の最貧困・沖縄〉300万円もの借金を抱えた風俗嬢は「私は母親とは違う」が口癖
関連記事②:〈日本の最貧困・沖縄〉19歳で出産、夫は覚せい剤で逮捕。3人の子持ちシングルマザーの「絶望」と「愛」】