【高校3年間「オールA」、正解のないエッセー、ガチ面接…。シカゴ大学のハードルが高すぎる!?】 | BEST TiMESコラム

BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

高校3年間「オールA」、正解のないエッセー、ガチ面接…。シカゴ大学のハードルが高すぎる!?

世界の名門大学「シカゴ大学」【対策編】

インタビュー対策をしっかりと!

 もう一つ、もしシカゴ大学への合格を目指すのであれば「インタビュー対策」をしっかり行いましょう。インタビューとは、日本で言う「面接」のようなものです。そうです、シカゴ大学に入るためには面接を受けることになります。日本からシカゴに渡れない場合は、オンラインでの遠隔面接となります。

 この面接では、シカゴ大学のどこに惹かれたのか? 何の専攻で何を詳しく学びたいのか? それを学ぶために、なぜ他の名門大学のカリキュラムではなくシカゴ大学のカリキュラムが最善であると思うか? という質問が投げかけられます。

 絶対に投げかけられる質問ですので、予め本音をスクリプト化(英語化)し、自信をもって答えられるようにしておきましょう。また、課外活動が非常に重要視される学校ですから、これまでに取り組んできた課外活動についても、分かりやすく詳細に説明できるように準備しておくと、加点要素が最大化されるでしょう。

次のページ私立高校が有利??

KEYWORDS:

オススメ記事

山内 勇樹

やまうち ゆうき

株式会社Sapiens Sapiens代表取締役。留学コンサルタント。1980年長崎生まれ、広島育ち。高校時代は体育高校で偏差値39だったが、高校卒業後アメリカ・カリフォルニア州に渡米。公立短大であるLong Beach City Collegeへ入学後、編入でUCLAに入学、卒業。脳神経科(Neuroscience Major)専攻。2006年より、日本にて、留学サポート・英語指導に関するサービスを提供。英語力はTOEIC990点満点、TOEIC SW400点満点。Sapiens SapiensHP:http://sapiens-sapiens.com/



★下記問い合わせフォームから、質問を受けつけています★ 














この著者の記事一覧