《人生観》に出会うワーク【久瑠あさ美メンタルトレーニング】第8回#1講評 |BEST TiMES(ベストタイムズ)

BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

《人生観》に出会うワーク【久瑠あさ美メンタルトレーニング】第8回#1講評

久瑠あさ美の「コロナ禍以後をいかに生きるか」Vol.8

■ワークへの態度に【人生観】が表れる

 

久瑠:やりたくもないこの300個のワークをやりきれたのは……..。

鈴木:いやいや、「やりたくもない」なんて、そこまで言ってないですよ(笑)

久瑠:(笑)多分、編集長ひとりだったらやってないですよ。

鈴木:あーーー!(それは本当にそうなんです!)

久瑠:「久瑠先生のワークがどれほど大事か」という講義を受けて、たとえ会社から「やれ」と指令されたとしても、鈴木さんはきっとやってないんです。
 でも、甲斐荘さんと私と、4日後にこのトレーニングの機会がある。だから「自分のために」というよりは「あの人達に対して、失礼をしちゃいけない」という気持ちでやりきった。

鈴木:そう、そうなんです(笑)

久瑠:「役に立ちたい。そして喜んでもらいたい」「あの人達の手助けになれば」という鈴木さんの想いが、だんだん上がってって、最終的に見事にやってのけたんです。

鈴木:ふふふふふ(笑)(やるときはやりますでしょう?)

久瑠:潜在能力で書いたんだから、誰かに騙されて書いたわけじゃない。「自分で書いた」んです。だからこそ、日常思ってもいないようなことがシートに出てきている。
 (ワークシートを見ながら)鈴木さんのシートはまるで詩人のようです。本当に、戦後を生き抜いた詩人のように、時代をちょっと飛び越えたような感じもありますね。

鈴木:やっぱりね、自分自身に勘違いをしているというか、思い込もうとしてるところありますよね。「自分はこういった人間であるんじゃないか」とか「こうあらねばならない」というより、「こうあってほしいから、こう自分は書いた」が近いのだと思います。

久瑠:【現在】のところはそれが特に濃くなっている?

鈴木:ああ、もう仰る通りです。【現在】のところはまさにそうで、現在の自分が一番見えてないんですよ。自分を騙して書いてるんですよね……。

○これは【人生観】と出会い直すワーク
○ワークへの取り組み方に人生観が顕れる
○潜在的に書き、気づかない自分に出会える
○最後に残ったものが自分のリアリズム

KEYWORDS:

オススメ記事

久瑠 あさ美

くる あさみ

メンタルトレーナー/作家
「ff Mental Room」(フォルテッシモメンタルルーム)代表。
日本芸術療法学会会員。日本産業カウンセリング学会会員。日本心理学会認定心理士。
精神科・心療内科の心理カウンセラーとして勤務後、トップアスリートのメンタルトレーニングに積極的に取り組み、注目を集める。企業経営者、各界アーティスト、ビジネスパーソンなど個人向けのメンタルトレーニングを行い、延べ10万人を超えるクライアン ト実績。企業や自治体への講演活動や人材教育、「潜在能力を引き出す突破力研修」など潜在的な力を引き出す人材育成プログラムを開発。医療、介護に特化したマインドプログラムにおいては、空間創りから参加するなど活動は多岐に渡る。毎月開催される本格的な体感トレーニングを行う<心を創るマインド塾>や<メンタルトレーナー養成塾>や年2回の〈春期・秋期「マインドの法則」~3日間“心の実学”集中セミナー〉を主宰している。『鏡面感覚トレーニング』、『コラージュトレーニング』など感性を高める実践的な単発レッスンも行っている。雑誌・テレビ・ラジオなどメディア出演も多数。
著書に『人生が劇的に変わるマインドの法則』『このまま何もしないでいればあなたは1年後も同じだが潜在能力を武器にできれば人生はとんでもなく凄いことになる』など累計100万部を超える。
◆ff Mental Room ホームページ http://ffmental.net

◆久瑠あさ美のメンタル・ブログ http://blog.livedoor.jp/kuruasami/

◆久瑠あさ美チャンネル https://www.youtube.com/channel/UCoIa4RKKVUloNCOXKp70Tqg

 [ff Mental Room HPトップページから無料動画視聴可]

◆久瑠あさ美のメルマガ マインド塾 https://www.mag2.com/m/0001691561.html?reg=mag2top

この著者の記事一覧