Q4正解 → 平安時代

1位 平安時代(315件)
2位 鎌倉時代(238件)
3位 飛鳥時代(93件)

平安時代は絵画、彫刻、書跡の国宝、鎌倉時代は建築、工芸の国宝が最も多い。

 

Q5. 一件で最も点数が多い国宝は?

 

ヒント……国宝の助数詞は、「点」ではなく「件」。というのも、醍醐寺文書聖教のように、1件の登録に6万9378点もの古文書・聖教類が含まれるから。