【人材不足が日本の会社を覆う。カリスマ社長が「採用」より大事にしていること】 | BEST T!MESコラム

BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

人材不足が日本の会社を覆う。カリスマ社長が「採用」より大事にしていること

希代の経営者が語る、右肩下がりの時代を生き抜く働き方改革 第9回

会社がヒマなときに採用したパートは、辞めやすい

「会社がヒマなとき」に採用したパートと、「会社が忙しいとき」に採用したパートでは、どちらの定着率が高いと思いますか?

 答えは、「忙しいとき」です。

 会社がヒマなときに採用したパートは、定着しにくい。なぜでしょうか。

 社長や幹部に時間があるので「細かいことまで教えすぎる」からです。一度にたくさんのことを教えるから、ストレスを感じて辞めてしまうのです。

 反対に、忙しいときは、少しずつしか教えられないので、パートは段階的に覚えることができます。

 花は、水をあげすぎると根が腐る。あげないと枯れる。パートも同じです。ちょうどいいのは、「手を離して、目を離さない」ことです。

 新人パートを指導する場合は、「自分が教えたいと思うことの3分の1程度」からはじめて、できるようになってから、教える量を少しずつ増やしていくのが正解です。

<『儲かりたいならパート社員を武器にしなさい』より構成>

KEYWORDS:

BACK NUMBER もっと見る

もっと見る

小山 昇

こやま のぼる

株式会社武蔵野代表取締役社長。1948年、山梨県生まれ。東京経済大学卒業後、日本サービスマーチャンダイザー株式会社(現在の株式会社武蔵野)に入社。一時期、独立して株式会社ベリーを経営していたが、1987年に株式会社武蔵野に復帰。1989年より社長に就任し、現在に至る。「大卒は2人だけ、それなりの人材しか集まらなかった落ちこぼれ集団」を毎年増収増益の優良企業に育て、日本で初めて「日本経営品質賞」を2度受賞。著書に『強い会社の教科書』『残業ゼロがすべてを解決する』(ともにダイヤモンド社)など多数ある。


この著者の記事一覧

RELATED BOOKS -関連書籍-

儲かりたいならパート社員を武器にしなさい (ベスト新書)
儲かりたいならパート社員を武器にしなさい (ベスト新書)
  • 小山 昇
  • 2017.06.09