適菜 安倍がやったことは日本人の感覚では理解できない。この手の政治家が、現在の「保守論壇」に支えられているわけです。

三沢 それは知りませんでした。

適菜 報道されている通り、安倍は、内閣改造で民間大臣として橋下を入閣させたいわけでしょう。

三沢 ホント、それは怖いです。日本が完全に「オワタ」状況になります……。

適菜 北朝鮮より悲惨なことになりますよ。

 

総理大臣が逆賊だったら…

 

三沢 この歌詞は、近くに逆賊がいるのに、それをやっつけることができない男の悲哀を歌っているのかなと感じました。それを恋愛の歌に仮託しているのかと。

適菜 読みが鋭いですね。身近なところにいる逆賊に加担している自分も逆賊だと。これは一般企業でも言えることです。悪い人間がトップにいた場合、きちんと諌めたり、たしなめたりしなければいけない。そういう人間が周りにいないと組織はダメになる。戦国武将だって、家来がイエスマンばかりだと暴走して、クニを滅ぼしてしまう。

三沢 いわば忖度の歌ですね。忖度してる俺こそが逆賊なんだという、忸怩たる自責の念……。

適菜 悪い人間の周囲にいるのに、それを止められない、自分が情けない不甲斐ない。そういう男の悲哀を歌った歌でもあります。

三沢 でも、これは日本人らしい歌ですね。昔の武士なら、諌めて腹を切って死んだ。

適菜 諫死。

三沢 でもそれはお殿様が立派であることが前提ですからね。諫めても、わからない相手なら、死ぬ価値もない。そこで思い悩むのが男のブルースですね。

適菜 元文部官僚の前川喜平さんも、いいブルースを唄っていますね。三沢さんのブルースも、今の時代の一つの答えかもしれません。

三沢 なるほど、この逆賊ブルースは、前川ブルースでもあるわけですね(笑)。

(※対談第4回につづく…)

《「逆賊ブルース」の一部を、作曲家の多城先生がアップされています》

ニコニコ動画  www.uta-net.com/movie/231292/

youtube  https://www.youtube.com/watch?v=TLsSJuGbR-o

 

《「豊洲の女」プロモーション動画はこちら》

ニコニコ動画  http://www.nicovideo.jp/watch/sm31403961

youtube  https://www.youtube.com/watch?v=XBlUEeTdHTk

 

(対談者プロフィール)

三沢カヅチカ(みさわ・かづちか)

年齢不詳。ブルースシンガー。関西の某一流企業のサラリーマン。アフター5で、関西のライブハウスなどでブルースのボーカルをやってきた。ギターでバンドに参加することもある(その場合は、別の芸名SATOでギターを弾いている)。藤井聡京大教授とは音楽仲間。今回、藤井からの声かけで、三沢カヅチカとしてデビューすることになった。

 

適菜 収(てきな・おさむ)

1975年山梨県生まれ。作詞家。哲学者。ニーチェの代表作『アンチ・クリスト』を現代語訳にした『キリスト教は邪教です!』、『ゲーテの警告 日本を滅ぼす「B層」の正体』、『ニーチェの警鐘 日本を蝕む「B層」の害毒』、『ミシマの警告 保守を偽装するB層の害毒』(以上、講談社+α新書)、『日本をダメにしたB層の研究』(講談社+α文庫)、『日本を救うC層の研究』(講談社)、呉智英との共著『愚民文明の暴走』(講談社)、『なぜ世界は不幸になったのか』(角川春樹事務所)、『死ぬ前に後悔しない読書術』、『安倍でもわかる政治思想入門』『安倍でもわかる保守思想入門』(以上、KKベストセラーズ)、中川淳一郎との共著『博愛のすすめ』(講談社)など多数。