井口が認める「メジャーリーグで通用する」内野手

 井口は、メジャーリーグでも通用したといえる数少ない日本人内野手の一人だ。複数年にわたってレギュラーの座に就き、チームのワールドシリーズ制覇にも貢献したという点では唯一の存在ともいえる。

 日本人投手に比べて、日本人野手の国際的な評価は低く、実際、現在、メジャーリーグでプレーする日本人内野手は1人もいない。インタビューで「メジャーでも活躍できる日本人内野手」について質問した時、彼は真っ先に広島カープの菊池涼介の名前を挙げた。

「メジャーに挑戦しようというレベルの選手なら、バッティングではそれなりの結果を残せると思う。ヒットを打つに越したことはないけれど、打席でチームに貢献する仕方はほかにもありますから。それよりも、日本人内野手の場合、守備力がポイントになると思う。菊池選手の守備は間違いなくメジャーでも通用するし、彼のように感性でプレーするスタイルもマッチするんじゃないですか」

 打力ではなく「守備力が重要」という冷静な分析は、まるで指導者と話しているようだった。井口は元々、論理的に話すタイプだが、引退を決めていたからこそ、より第三者的視点から話したのだろう。

 

 ユニフォームを脱いだ後、来年以降の去就はまだ決まっていないそうだ。アマチュア野球、プロ野球、そしてメジャーリーグ……その最前線でプレーしてきた井口のような日本人選手は数多くいない。その独自の観点からの試合解説も楽しみだが、貴重な経験は、選手指導でこそ存分に発揮されるのではないか。
 井口本人も「メジャーで活躍する日本人内野手が出てきてほしい」と語るように、海を渡る大型内野手の登場が待ち望まれる。
 今季いっぱいまで現役を続ける井口には少し失礼な言い方かもしれないが、彼がコーチとして、そんな選手を育ててくれるのではないかと、早くも楽しみになっている。
 何より、勝負にこだわる姿勢は監督にも向いているかもしれない。

「選手として気持ちはわからなくはないけれど、『ノーヒットで試合に勝つより、4打数4安打で負けた方がいい』という意見には賛成できない。僕はヒットを打つのが好きなんじゃなくて、試合で勝つのが好きなんです」

 チームの勝利第一の考え方は、松井秀喜とそっくりだった。

次のページ 井口の素晴らしき人間性