【原宿のど真ん中に大行列が!? その先には<br />あふれるアツい想い、目標を目指す魂が…】 | BEST T!MESコラム

BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

原宿のど真ん中に大行列が!? その先には
あふれるアツい想い、目標を目指す魂が…

メンズ人気No.1サロンOCEAN TOKYOの面接がゲキアツ!!!

全国の若い男の子から絶大な支持を集める美容室『OCEAN TOKYO』。バツグンのカリスマ性を誇る彼らの勢いは止まるところを知らず、立ち上げ4年ですでに4店舗を展開。、熱く、まっすぐな想いでお客さんたちをトリコにするOCEAN TOKYOの面接は熱気にあふれていた。

原宿キャットストリートに

朝から長蛇の大行列が…!? その先に

 普段は閑散としている朝の原宿・キャットストリート。でもこの日は、キャットストリートを埋め尽くすほどの大行列があった。なにか、どこかのブランドのレアな新作の発売日なのかと思いきや、その先にあったのは美容室!!

 今、“日本でもっともイケている”といっても過言ではないサロン『OCEAN TOKYO』の新卒入社面接に望む子たちの列だという。

「日本一の、いや世界一の美容師になる!」とアツい想いを胸に秘めた”美容師の卵たち”が“日本でもっともイケている”美容室を目指して、北海道から、新潟から、群馬から、千葉から、長野から、大阪から、兵庫から、福岡から、全国各地から集まってきた!

 

 別々のサロンでトップの売り上げを誇っていた高木琢也、中村トメ吉のふたりよって、立ち上がったOCEAN TOKYOは、今や日本一勢いのある美容室となった。「業界の常識をぶち壊す」「新たな価値感を生み出す」。ふたりの風雲児が打ちたてた大きな目標を達成するには、まだまだ道なかば。そんなふたりに惹きつけられるように、毎年、美容室の面接とは思えない人数が集うのが、“OCEAN TOKYOの面接”だ。

 

 

 

 中には、気合いが入りすぎて、頭に「OCEAN」の文字を刈り込んできた子がいたり、 OCEAN TOKYOのカラーであるトリコロールのネクタイをしてくる子。かわいらしい女の子までがOCEAN TOKYOの美容師を目指して参加!!!!

 受付が終わった人から中に通される応募者たち。

 みんな、緊張MAX

 

 そんな彼らを待ち受けるのが、この怖いお兄さんたち…(笑)

いやもとい、日本一の美容師集団OCEAN TOKYOのスタイリストの面々!

 

ドォーン!!!!!!! 

 

 OCEAN TOKYOの面接はとにかく異色だ。「業界の常識」を打ち破るがごとく、とにかく「見る者を楽しませろ」「想いをはき出せ」「新しいワクワクを作り出そう」ということをいかに1分という与えられた時間で表現するか、ということのみ。来るものは拒まない、当日の受付をすれば、だれでも面接してくれる。日本一忙しいスタッフたちが全力で、ひとりひとりと向き合うのだ。

 全力で相対する面接官の興味を惹き、そして楽しませるか、単純だが難しい。でも一番大事なのかは、OCEAN TOKYOでなにがしたいのか、というアツい想いひとつ。

それでは、その様子を見ていこう!!

「一番になって、この金メダルをホンモノにします」

 

「今は小さい旗だけど、

いつか必ず大きな旗を自分で掲げられるように」

 

「ボクにはOCEAN TOKYOしかありません」

 

「心に響く美容師になります。これがその設計図です!!!」

「OCEAN TOKYOの太陽になります」

 

「憧れを憧れのまま、終わらせたくない」

「名前だけでも覚えてもらおうと思って、気合い入れてきました」

 

「今日のボク無敵です!!」

 

「ここにくれば、なんでもできると思うので、板割ります!!」

「OCEAN TOKYOが夢のなかった自分に夢を与えてくれました」

「OCEAN TOKYOで世界一の美容師になります」

 

 人それぞれの思いがあり、人それぞれの表現がある。

 でも「OCEAN TOKYOに入りたい、ここで美容師になりたい」という想いはみんないっしょ。

 中には、想いがあふれて涙する子もいた。

それだけ、魅力のある場所だということを思い知らされるような面接だった。

「OCEAN TOKYOを日本を代表する美容室にしたい。より多くの人に必要とされ、幸せに導ける存在にするにはボクたちが日本一の大きな器であり、もっとも仕事に情熱を注ぎ、楽しんでいることが条件だと思います!そんな仲間たちが集まる場所でありたいです!!!」by OCEAN TOKYO代表・中村トメ吉

 

 

 

次のページ入る者は最高のエンターテイナーであれ!!

KEYWORDS:

 

OCEAN TOKYO

大航海のはじめの一歩はこの地から

表参道から渋谷へ向かうキャットストリートにある本店。高木琢也さんと中村トメ吉さんの伝説はここから始まった! 白と青の配色が、まさに“オーシャン(海洋)”を体現した店内となっており、ウッディの敷居板が船の甲板やデッキを彷彿させる。

東京都渋谷区神宮前5-27-7 アルボーレ神宮前4F

TEL 03-6427-5323

営業/12:00~22:00 (土日祝11:00~20:00)

定休/毎週月曜、第2火曜

 

OCEAN TOKYO SHIBUYA

全体を見渡せる親近感ある空間

本店ができてから約1年後には、2号店となる渋谷店をOPEN。7Fの店舗からは街が一望でき、ロケーション的には文句なし! 店内の雰囲気もコミュニケーションが取りやすいように全体を見渡せる活気あふれる場所となっている。

東京都渋谷区神宮前6-16-13 Naias神宮前7F

TEL 03-6427-3841

営業/12:00~22:00 (土日祝11:00~20:00)

定休/毎週月曜、第2火曜

 

OCEAN TOKYO HARAJUKU

開放感があり、居心地のよさはバツグン

本店、や渋谷店とは違って、原宿店は比較的こぢんまりとした小部屋的空間。だからこそ、スタッフとゲストの距離感が近いとも言える。オーシャン初心者や地方からやってくるOCEANファンなどはこの店舗を選ぶという。原宿店が3号店となる。

東京都渋谷区神宮前4-32-13 JPR神宮前432ビル6F

TEL 03-6455-5076

営業/12:00~22:00 (土日祝11:00~20:00)

定休/毎週月曜、第2火曜

 

OCEAN TOKYO WHITE

OCEAN TOKYOの4店舗目となる「OCEAN TOKYO WHITE」がオープン。より個性的なヘアを標榜し、早くも注目を集めている。その新店の魅力にフォーカスした。

東京都渋谷区神宮前4-26-27 原宿Y'sビル2F 

TEL 03-6804-6965

営業/12:00~22:00 (土日祝11:00~20:00)

定休/毎週月曜、第2火曜

オススメ記事