90%近くのパート・アルバイトが武蔵野に満足

 従業員アンケートを取ると、90%近くのパート・アルバイトが武蔵野に満足していることがわかります。ですが、それでも、会社に対する不満はなくなりません。アンケートは、無記名(匿名)のため、不平不満のオンパレードです。

 集計結果は、政策勉強会で説明をしていますが、アンケートに書かれているコメントを読んでいるうちに、具合が悪くなることもあります(笑)。

 フィードバックするときに大切なのは、できないことは、はっきりと「できない」と答えることです。普通の社長は、それができない。

 私は、「それはダメだ、今はできない」とはっきり言います。もちろん、すべてを「NO」とつっぱねることはありません。10個のうち8個は「NO」と言いますが、2個はOKにしています。

 社長が知っておかなければいけないのは、業務改善が進むと、パートさんの中には、「ブルーになる人(気落ちする人)」がいるということです。

 業務改善をしていくと、「私の仕事がなくなるのではないか」と不安になるパートが出てきます。就活生も同じで、「内定がない人はブルー、内定がある人は“この会社でいいのか”ってブルー、どっちもブルー」です(笑)。

 業務改善をしても仕事は減りません。なぜかというと、業務改善をすると業績が上がるため、仕事が「横」に増えるからです(仕事の絶対的な量が増える)。そのことをしっかり説明しておけば、会社のしくみが変わっても、パートさんは安心して仕事に取り組むことができます。