全能感みなぎる体験‼️ 私を滝行(たきぎょう)へ連れてって♡後編【女子鉄ひとりたび】12番線 | BEST TiMESコラム

BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

全能感みなぎる体験‼️ 私を滝行(たきぎょう)へ連れてって♡後編【女子鉄ひとりたび】12番線

鉄道には夢がある。いや夢しかない。この赤い糸が、あなたにつながりますように。~裕子~


元祖鉄道アイドル、今は「鉄旅タレント」として鉄道をアツく語る、木村裕子が日本各地の魅力的な路線を紹介する“女子鉄ひとりたび”『女子鉄ひとりたび』著・木村裕子より)。「滝行」ができる宿坊に泊まったのはいいが、自分以外はそれなりに「わけあり」な事情を抱えた女性ばかりで、肩身の狭い思いをしてしまった彼女。さあ、いよいよ今日は「滝行」本番の日! この経験は木村裕子の人生にどんな影響を与えるのか?


■こんなところにもコアな鉄道ファンが!?

 翌朝は5時に起床、神主さんを先頭に山道を30分歩いて、滝を目指す。私語は禁止だ。

 滝の近くにある参加者専用の テントで、着替えをする。女性は下着を全て外して、薄い浴衣のような白装束、男性はふんどし一丁で、恥ずかしそうだ。

 拝礼・歌・雄叫びの儀を終えるといよいよ滝行がスタートした。
 男性は躊躇(ちゅうちょ)する人が多かったのに、女性は震えつつもみな思い切りよく、滝に飛び込んでいく。

 私の順番が 回ってきた。他の女性たちと同様、勢いよく滝に入った……のだが、どうも私は滝行をなめていたようだ。

 罰ゲームで芸人さんがやっているくらいだし、騒いでいるのはリアクション芸の一種で、本当はそこまでではないのだろうと思っていた。

 実際は全然違う。水は凍えるように冷たく、一瞬で北極に来たかのようで、夏なのに、滝付近では吐く息が白い。強烈な水圧が全身にかかり、必死に踏ん張り続けないと立っていられない。さらに全身を殴られているような痛みを伴う。とにかく苦しいのだ

 時間にすると1分にも満たないのに、その時間は相当に長く感じた。心の中で「テレビカメラも回ってないのに、なんで参加してしまったんだろう。義太夫さんの言うとおりだった……!」と後悔してしまった。

 だけどやり終えたとき、これまでに感じたことのない爽快な気分になった。
「今ならどんな苦難も乗り越えられる!」という自信が降臨した感覚だ。

 神主さんによると、
「男性は失神する人もいるけど、女性は大きな声を出すし度胸も肝も据わっていて、その芯の強さにはいつも驚かされるよ」とのこと。

 その言葉は本当だった。女性参加者を見渡すと、滝行直前まで不安でいっぱいの顔だったのに、いまは目に力が宿って、まっすぐ未来を見るかのような視線になっている。私も同じだ。新しい自分に生まれ変わった気がした

 宿坊へ戻り、神主さんと談笑していると、
「私も元・鉄っちゃんでSLの部品を持ってるよ」との思いがけない告白。
そして 、奥からC56形(SL)の圧力計と連結フックを持ってきて見せてくれた。たまたま選んだ宿坊に、鉄道好きの神主さんがいたとは。類は友を呼ぶって、こういうことなのだろうか。

蒸気機関車の運転台にある圧力計。左からシリンダー圧力計 、ボイラー圧力計、給水ポンプ圧力計、暖房圧力計。

次のページ滝行が変えた運命とは?

KEYWORDS:

■「女子鉄ひとりたび」のサイン本が完売!

イベント当日に来られなかった人のために、木村裕子さんが心を込めて、一冊一冊にサインを入れた本。
2019年の年末に限定部数で販売されていましたが、速攻で完売御礼!
なお3種類の「オリジナル・ブロマイドつき」の本は今も販売中ですので、お早く以下の書店へどうぞ。

販売場所:
書泉グランデ 6F鉄道コーナー
 〒101-0051 東京都千代田区神田神保町1丁目3-2
     
書泉ブックタワー 5F鉄道コーナー
 〒101-0025 東京都千代田区神田佐久間町1丁目11-1


■水間鉄道に「女子鉄ひとりたび」ヘッドマーク電車走った!

掲出日程:2020年1月11日~1月20日(10日間)
掲出車両:1003(青ライン/貝塚駅側)
走行日:1月15、16、18、19、20日

オススメ記事

木村 裕子

きむら ゆうこ

タレント

元・鉄道アイドル。現・鉄旅タレント。

愛知県名古屋市出身。所属事務所はオフィス北野→マセキ芸能社。 幼少期から鉄道が好きで、元JR車内販売員を経て、元祖鉄道アイドルとしてデビュー。2015年に日本の鉄道全線完乗を達成。国内旅行業務取扱管理者の資格を持ち、カルチャースクールで講師も務める。

現在は「アメトーク(テレビ朝日)」出演など、テレビやラジオなど幅広いメディアで活躍中。


この著者の記事一覧

RELATED BOOKS -関連書籍-

女子鉄ひとりたび: “裕子流鉄道旅”に同行すると、日本が愛おしくなる
女子鉄ひとりたび: “裕子流鉄道旅”に同行すると、日本が愛おしくなる
  • 裕子, 木村
  • 2019.12.25