ウイルスに立ち向かう切り札は「政府」だ! |BEST TiMES(ベストタイムズ)

BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

ウイルスに立ち向かう切り札は「政府」だ!

【佐藤健志「令和の真相」Vol.27】

◼️予言された疫病の記録

ダウニング街10番地にてボリス・ジョンソン英首相(写真:AFP/アフロ)

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の大流行、すなわちパンデミックは、2020年の世界を揺るがしていますが、このような事態が発生する危険性は、30年以上前、すでに予言されていました。

 1989年のクリスマス直前、ハワイで開かれたアメリカ熱帯医学会の年次会合において、あるシミュレーション・ゲームが行われたのです。

 ここでは赤道付近のアフリカ某国で民族紛争が激化したという設定のもと、「国際医療救援チームや国連の平和維持部隊も入っている難民キャンプ地域で、空気感染するうえ、死亡率も100%近い未知の感染症が発生したらどうなるか」が検討されたのですが、結果は以下の通り。

 (1)疫病が発生したと分かってすらいない段階で、アメリカ、フィリピン、タイ、ドイツ、および周辺のアフリカ諸国に感染者が移動している。

 (2)ありとあらゆる方法を用いて、病原体を特定し、制御しようとしても、1ヶ月以内に地球規模のパンデミックが発生する。

 ・・・何というか、今回のコロナ・パンデミックがチャチに見えてくるではありませんか。

 新型コロナウイルス感染症は空気感染しませんし、高齢者や基礎疾患のある者を除けば、死亡率も恐ろしく高いわけではありません。

 ハワイ・シミュレーションのような感染症(「突然変異を起こして、空気感染するようになったエボラウイルス」のイメージだったそうです)が起きたら、人類滅亡とまではゆかなくとも、現在の文明社会は間違いなく崩壊します。

 医学・科学ジャーナリストのローリー・ギャレットは、くだんのシミュレーションについてこう述べました。ギャレットは1996年、ザイールで生じたエボラ出血熱のアウトブレイクをめぐる記事により、ピューリッツァー賞を受賞した人物です。

 【遺憾ながらこのゲームは、われわれの社会が疫病発生にたいし、ゾッとするほど対処能力を欠いていることを暴露した。ホノルルの会場の雰囲気は、ゲーム開始から5時間ですっかり暗くなってしまった。不安でたまらないものになったとさえ言えるだろう。防疫体制のあり方は、欠陥だらけで脆弱すぎるうえ、連携能力をあまりに欠いたものだった。】(ローリー•ギャレット『来たるべき疫病』、ファラー•シュトラウス•アンド•ジロー社、1994年、594ページ。拙訳、以下同じ)

 「これが最悪と言えるうちは、まだ最悪ではない」とは、シェイクスピアの傑作『リア王』の台詞(第4幕第1場)。ならばわれわれの取り組むべき課題は、以下の二つとなるでしょう。

 第一はコロナ・パンデミックを、感染被害と経済被害の両面において、最小の犠牲で乗り切ること。

 第二は今回の事態を、将来の疫病発生にたいする防御システムを構築する契機とすることです。

 そのためのポイントは何か。

 理解の糸口となるのは、面白いことに、ハワイ・シミュレーションの行われた日付です。

次のページもう一つのアルマ・アタ宣言

KEYWORDS:

 『 平和主義は貧困への道 または対米従属の爽快な末路 』
佐藤 健志 (著)

  

 

 だけど、日本は大丈夫!

 わが国の平和主義が、非現実的な観念論に終始しがちなことは、よく知られている。それにより、戦争の危険がかえって高まりかねないことも、しばしば指摘されてきた。

 「平和主義は戦争への道」というわけだが…
誰も気づかない事実を明かそう。
平和のもとで、国はたいがい繁栄する。ところが戦後日本の平和主義は、貧困を不可避的にもたらすのだ!

 平和主義、それは貧困への道なのである! !

オススメ記事

佐藤 健志

さとう けんじ

佐藤健志(さとう・けんじ)
 1966年、東京生まれ。評論家・作家。東京大学教養学部卒業。
 1989年、戯曲『ブロークン・ジャパニーズ』で、文化庁舞台芸術創作奨励特別賞を当時の最年少で受賞。1990年、最初の単行本となる小説『チングー・韓国の友人』(新潮社)を刊行した。
 1992年の『ゴジラとヤマトとぼくらの民主主義』(文藝春秋)より、作劇術の観点から時代や社会を分析する独自の評論活動を展開。これは21世紀に入り、政治、経済、歴史、思想、文化などの多角的な切り口を融合した、戦後日本、さらには近代日本の本質をめぐる体系的探求へと成熟する。
 主著に『平和主義は貧困への道』(KKベストセラーズ)、『右の売国、左の亡国 2020s ファイナルカット』(経営科学出版)、『僕たちは戦後史を知らない』(祥伝社)、『バラバラ殺人の文明論』(PHP研究所)、『夢見られた近代』(NTT出版)、『本格保守宣言』(新潮新書)など。共著に『対論「炎上」日本のメカニズム』(文春新書)、『国家のツジツマ』( VNC)、訳書に『[新訳]フランス革命の省察 「保守主義の父」かく語りき』( PHP研究所)、『コモン・センス 完全版』(同)がある。『[新訳]フランス革命の省察 「保守主義の父」かく語りき』は2020年12月、文庫版としてリニューアルされた(PHP文庫。解説=中野剛志氏)。
 2019年いらい、経営科学出版よりオンライン講座を配信。『痛快! 戦後ニッポンの正体』全3巻に続き、現在は『佐藤健志のニッポン崩壊の研究』全3巻が制作されている。

 

この著者の記事一覧

RELATED BOOKS -関連書籍-

平和主義は貧困への道 または対米従属の爽快な末路
平和主義は貧困への道 または対米従属の爽快な末路
  • 佐藤 健志
  • 2018.09.15