【武蔵国(東京)の中心は「府中」だった!】 | BEST T!MESコラム

BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

武蔵国(東京)の中心は「府中」だった!

筑波大名誉教授、谷川彰英先生の大ヒット作『地名の由来』シリーズ、東京・江戸編から「府中」の項をご紹介いたします!

■武蔵国の中心「府中」を歩く

 古代には今の東京の中心は府中の周辺でした。もともと、江戸の歴史は浅く、太田道灌(一四三二~一四八六)が江戸城を築いたのは長禄元年(一四五七)であり、また家康が江戸に入府したのも天正一八年(一五九〇)のことで、まだ江戸の歴史は数百年といったところです。

「府中」といえば、まず地名学的には、古代律令時代の政治の中心地ということになります。全国的に府中という地名はたくさんあり、確認されているだけでも二一カ所ある。もちろん全国に散らばっています。なかでもこの武蔵国の「府中」は市名にもなっていて、とびきり有名です。

「駿府」も「駿河府中」の省略形だし、「甲府」も武田信玄の父・信虎の時代につけられた地名ですが「甲斐府中」の略。府中は京王線の「府中」駅のほかに、武蔵野線の「府中本町」駅があり、初めて行くと混乱するかもしれません。

 京王線の府中駅を出ると、すぐ脇に大きな通りがありますが、これが有名なケヤキ通りです。これはすごい。初めて見ると、東京にこんな並木があるのかと、びっくりします。このケヤキ並木は古くは源頼義・義家が前九年の役出陣の際、阿倍氏の平定を祈願し、平定後にケヤキの苗一〇〇〇本を寄贈したことが始まり。その後、家康が補植し、二条の馬場を寄進して今日に至っているといいます。このケヤキ並木だけでも一見の価値はあります。

 この並木をまっすぐ歩いていくと、大國魂(おおくにだま)神社にぶつかります。これも見事な神社です。そう大きさは感じないのですが、境内や建物に歴史の古さと高貴さを感じさせます。

KEYWORDS:

オススメ記事

谷川 彰英

たにかわ あきひで

筑波大名誉教授

1945年長野県生まれ。ノンフィクション作家。東京教育大学(現・筑波大学)、同大学院博士課程修了。柳田国男研究で博士(教育学)の学位を取得。筑波大学教授、理事・副学長を歴任するも、退職と同時にノンフィクション作家に転身し、第二の人生を歩む。筑波大学名誉教授。日本地名研究所所長。主な作品に、『京都 地名の由来を歩く』シリーズ(ベスト新書)(他に、江戸・東京、奈良、名古屋、信州編)、 『大阪「駅名」の謎』シリーズ(祥伝社黄金文庫)(他に、京都奈良、東京編)『戦国武将はなぜ その「地名」をつけたのか?』 (朝日新書)などがある。



 



 


この著者の記事一覧

RELATED BOOKS -関連書籍-

東京・江戸地名の由来を歩く (ワニ文庫)
東京・江戸地名の由来を歩く (ワニ文庫)
  • 谷川 彰英
  • 2014.09.26