【韓国人シンガーKが日本の伝統を旅する。「修理ができない時代はあってはならない」】 | BEST TiMESコラム

BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

韓国人シンガーKが日本の伝統を旅する。「修理ができない時代はあってはならない」

第9回 からくり人形 犬山祭保存会事務局長・溝口正成さん、からくり人形師・九代玉屋庄兵衛さん

●Kの視点●

 

 からくり人形づくりで一番苦労するポイントはテクニックだと思っていたら、玉屋さんは顔とおっしゃった。僕にとっては意外だったんですが、お顔を描くというのがとても難しいと。顔がすべてというのには驚きました。

 一方で、お話をうかがっていて、音楽と共通することだと感じました。曲づくり、演奏のために音符やコードを勉強し、指が速く動くように練習するというのは、時間をかければ、いずれできる。でも人形の顔というのは、作家の個性で、作家が持って生まれたものが表現される。それを磨くというのは、とても時間がかかる作業。音楽での声や感情、表現方法、フィーリングを磨くためには時間や経験が必要になってくる。そこが人形づくりとリンクしているなと思ったんです。

 最後に「からくり人形とは人を楽しませること」という言葉にも共感しました。モノづくりをする人のモチベーションはそれなんですよね。すべての人がその気持ちがあるんだと思います。音楽もまさに目の前にいる人を楽しませるというのが原点だから。CDを作ったり、ライブをしたりと広がっていくけれど、誰かを楽しませたいというところが、すべての始まりなんだと、改めて感じました。

 

 

からくり展示館(犬山市文化史料館)
住所 愛知県犬山市大字犬山字北古券69-2
TEL  0568-62-4802

 

 

 

 

PROFILE
K(ケイ)
1983年韓国ソウル生まれ。2005年デビューし、「Only Human」が大ヒット。以降もピアノ弾き語りのスタイルで、シンガーソングライターとして、J-POP界で活躍している。2014年タレントの関根麻里と結婚。昨年、第一子が生まれた。
Kオフィシャルサイト http://www.club-k.cc/

オススメ記事

寺野 典子

てらの のりこ

1965年兵庫県生まれ。ライター・編集者。音楽誌や一般誌などで仕事をしたのち、92年からJリーグ、日本代表を取材。「Number」「サッカーダイジェスト」など多くの雑誌に寄稿する。著作「未来は僕らの手のなか」「未完成 ジュビロ磐田の戦い」「楽しむことは楽じゃない」ほか。日本を代表するサッカー選手たち(中村俊輔、内田篤人、長友佑都ら)のインタビュー集「突破論。」のほか中村俊輔選手や長友佑都選手の書籍の構成なども務める。


この著者の記事一覧