写真を拡大 【西野七瀬(にしのななせ)】1994年5月25日生まれ、大阪府出身。乃木坂46での活動の傍ら、雑誌『non-no』専属モデルも務める。最新ソロ写真集『風を着替えて』が好評発売中。

 

——西野の旗印!(笑)でも、ツアーや握手会でも地方に行ったりするから、相当、旗が立ってるんじゃないですか?

西野 ですね。あと、地方に行くと、いろいろ考えます。『もし、ここで自分が育ってたら……』とか、『この土地の人たちは、どういう風に育ってきたんだろうな』とか。

——ほほう。妄想するんですね。

西野 電車に乗ってたり、車で高速を走ってるときに、建ってる家の窓がちょっと開いてたりして、部屋の中が見えたりするじゃないですか。その瞬間、妄想が始まるんです。『どういう間取りなのかな』『あの部屋の奥には、こういう家具があるんだろう』『家族構成は……』みたいな。その人だけの空間。自分が決して行くことができないテリトリーが垣間見えるのが好きなんです。

——なんかすごい! 妄想、爆発ですね!(笑)

西野 あと、たまたま撮影とかで、誰かの家に行かせていただくことがあったりするんですけど、そうなると、『この人は、小さい頃からこの空間で育ったんだな』『ここの階段を何度も昇り降りしたんだろうな』『ここで転んだことあるのかな』って、勝手に想像するんです。家族しか知らない記憶や歴史を考えちゃいますね。いうなれば私、〝実家フェチ〟なんですよ。

——そのフェチ、はじめて聞きました! すごいですね。

西野 なんか……趣味のひとつなんですかね。……趣味なのかもわかんないですけど(笑)。だから、旅行先で見かけた旅行者の方を見て、『なんでここに来ようと思ったのかな?』って考えるのが好きなんです。もちろん旅行先で美味しいものを食べたりするのも楽しみなんですけど(笑)。

——今年はけっこう海外に行ってましたよね?

西野 ありがたいことに。テレビの『乃木坂工事中』でのグァムや、フランス、韓国、ハワイ。あと、写真集『風を着替えて』では、マルタ共和国とイタリアに行かせてもらいました。

——海外でも、旅先で会った人について妄想したりしたんですか?

西野 してました(笑)。マルタやイタリアには、ものすごく個性的なおじさんが多かったんですけど、『明るく振る舞っているこの人が、普段ひとりでいるとき、真顔で何をしてるんだろう?』って考えてました。『奥さんに起こられてシュンってなったりもしてるのかな』って。妄想(笑)。

 

このロングインタビューのつづきは、
12月23日(金・祝)発売のストリートジャック2月号で!

そして次のページから、誌面公開を一部、先行公開!!

 

次のページ 誌面カットを一部先行公開!