■いまの自分が人のために尽くさないなんてありえない

 

 もし監督の仕事が選手に尽くすことだとすれば、人に自慢できる特別な能力があるわけでもない僕が、いま、こんなに幸せなことをやらせてもらっていて、人のために尽くさないなんてありえない。選手のために尽くすのは当然のことだ。

 試合に負けて、「勝たせてあげられなかったこっちが悪い」と話すと、まるで選手をかばっているかのように思われることがある。

 たしかに、きれいごとに聞こえるかもしれない。

 でも、負けたところから遡っていけば、その選手を使ったのはこっちの責任だし、選手に進むべき道を示してあげられていないのもこっちの責任だ。監督は最終的に責任をとるためにいるんだから、その考え方は間違っていないと思う。

 そう、監督の仕事は選手に尽くすことと、責任をとることだ。

 ここにいさせてもらえる幸せにまだ気付いていないとすれば、4年前の自分を呼びつけて説教してやりたい気分だ。