【肩、腰、関節のトラブルを食事でスッキリ解消!】 | BEST T!MESコラム

BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

肩、腰、関節のトラブルを食事でスッキリ解消!

肩や腰、関節の痛みは日々の生活に様々な支障が出る。アクティブな毎日を送るための食事の工夫を紹介しよう。

左右どちらの肩が痛むかで摂るべき食材が異なる〔肩コリ対策〕

 頭痛や肩コリは、血と水の滞りが主な原因と考えられる。

 右の肩や頭が痛む人は水の巡りが悪いので、水分代謝を促す小豆や黒豆、そら豆、枝豆などの豆類をはじめ、海藻類や小麦、はと麦などが効果的。

 逆に、左の肩や頭が痛む人は血の巡りの悪いので、血行を促進してお血を取るニラ、タマネギ、ショウガ、ニンニク、大根、サンマなどを意識して摂るといい。「肩コリには冷えが大敵ですので、体を温める食材がおすすめです」と、食養研究家であり、東京薬膳研究所代表の武鈴子さんは話す。

この食材がおすすめ!

 

そら豆

腎臓の働きを補い、水分代謝を高めて、余分な湿気を取り除いてくれるので、水滞が原因の頭痛や肩コリに有効。豊富に含まれるカリウムやマグネシウムが血圧を調整。高血圧で血管が圧迫されて痛む頭痛にもいい。

 

サンマ

血液をサラサラにして血行を良くする効果が高いDHAやEPAなどの不飽和脂肪酸やビタミンEが豊富なので、?血による肩コリや頭痛に有効。痛みの緩和に役立つ神経の鎮痛作用や炎症を鎮める作用もある。

 

大根

熱を冷ます効果があり、肩コリや血管が拡張して神経を刺激することでズキズキとした痛みをもたらす偏頭痛の改善が期待できる。大根おろしにショウガのおろし汁、しょうゆ、番茶を加えた「大根湯」も効果的。

この一品で解決!

丸ごとタマネギスープ

タマネギやパセリは血液をサラサラにして血行を促し、体を温める効果が高いため、血行不良やお血による痛みやコリに最適。ローリエなどの香辛料には痛みを発散させる効果がある。

 

材料(2人分)

タマネギ……2個

パセリ……少々

バター……10g

コンソメ……2個

ローリエ……1枚

粉チーズ……適量

塩、コショウ……少々

作り方

(1)タマネギは皮をむいて、上下を少し切り落とす。

(2)パセリはみじん切りにする。

(3)鍋にバターを溶かし、タマネギを入れて全体に焼き色がつくまで

   返しながら焼く。

(4)ひたひたの水とコンソメ、ローリエを加え、煮立ったら弱火にし

   て、やわらかくなるまで2時間ほど煮込む。

(5)塩、コショウで味をととのえ、器に盛って粉チーズ、パセリを散

   らす。

オススメ記事

武 鈴子

たけ れいこ

東京薬膳研究所代表

食養研究家

1970~85年、柳澤成人病研究所に勤務し、成人病と食生活の研究・指導に従事。「食は薬である」ことを実感し、食養の研究を始める。86年、中国四川省に渡り、薬膳師・孫蓉燦氏に師事、薬膳理論・料理技術を学ぶ。帰国後は日中医薬研究会会長・渡辺武博士の元で、東洋医学と日本の気候風土に合った薬膳理論を学ぶ。現在は独自の「和食薬膳」を提唱し、各地で薬膳教室や講演を行う。著書に「からだに効く和の薬膳便利帳」(家の光協会)など多数。


この著者の記事一覧