【黒田博樹、三浦大輔……山本昌が感じた引き際の美学と、現役時代に「奮い立たてくれた」ふたりの投手】 | BEST T!MESコラム

BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

黒田博樹、三浦大輔……山本昌が感じた引き際の美学と、現役時代に「奮い立たてくれた」ふたりの投手

現役生活32年という偉業を遂げた山本昌が見る、ふたりのベテランの引退。

■僕だったら辞めなかったかもしれない

 

 ふたりの引退に触れ、私は本当に恵まれたプロ野球人生を送ることができたのだな、と改めて実感しています。

 できる限り現役にこだわる。

 言葉では簡単に表現できますが、年齢を重ねればそれがだんだん難しくなっていきます。

 それを奮い立たせてくれた存在が僕にはふたりいました。野茂英雄投手と、高津臣吾投手です。

 メジャーリーグで実績を残した野茂英雄投手はベネズエラまで行き再起の道を探しましたし、ヤクルト時代に絶対的な守護神だった高津臣吾投手は、韓国、台湾と渡り歩き、最後は独立リーグの新潟で現役生活を終えた。そこまでして現役生活にこだわり、頑張ってきた彼らに比べると、私は中日一筋でできることの幸せ、そして「現状に甘えてはいけないんだな」と自分を奮い立たせることができました。

 私がもし、今年の黒田投手の成績であれば間違いなく現役を続行していたでしょう。でも、人にはそれぞれ考えがあります。去年の私のように、彼らはひとつの人生に区切りをつけたわけですから「第二の人生」での活躍も祈っています。

KEYWORDS:

オススメ記事

山本 昌

やまもと まさ

1965年8月11日、東京都生まれ。神奈川・日大藤沢高から83年秋のドラフト5位で中日ドラゴンズに入団。プロ5年目、88年の米国への野球留学をきっかけに飛躍し、同年8月プロ初勝利。以後はスクリューボールを武器に活躍する。93年に最多勝利、最優秀防御率のタイトルを獲得すると、翌94年には連続最多勝利と沢村賞に輝く。97年にも最多勝利。2006年9月16日対阪神戦でプロ野球史上最年長の41歳1カ月でノーヒットノーラン、08年8月4日の巨人戦で史上24人目となる通算200勝を樹立。通算581試合に登板し219勝165敗。


この著者の記事一覧