【【SNAP JACK】<br />和柄を着たいならこういう具合にしなしゃんせ<br />江澤健太くん・法政大学】 | BEST T!MESコラム

BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

【SNAP JACK】
和柄を着たいならこういう具合にしなしゃんせ
江澤健太くん・法政大学

全国6大都市でストリートジャックが発掘した、街のファッショニスタをピックアップ!

札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、福岡…全国6大都市で10~20代のリアルなファッションをスナップ! 毎日のコーデの参考に!

写真を拡大 バックスタイルはコチラから

 

アロハでも浮つかないのは

ブラックベースのコーデのおかげ!

江澤健太くん・東京

(22歳)法政大学 身長173cm

夏になると気分も浮かれて、ついつい手を出しがちなのがアロハシャツ。

だが、想像以上にアロハシャツの壁は高く、和柄でも着てしまおうものなら「はしゃいでるやつ」の烙印を押されかねない。

コーデに溶け込みづらく、目立ちやすい。それがアロハの欠点だ。

それを補うなら、色みを揃えてあくまでクリーンに装うのが定石。

サイズ感もジャストなら、いうことはない。

シャツ約7000円/古着

パンツ約1万円/古着

サンダル約1万円/ビームス

古着のバッグ約/スカリズム

時計もらいもの/テクノス

シンプル三針を合わせがちだが、あえてのクロノグラフ。重厚な男らしさでアロハの軽薄さをカバー。
モード感漂うバッグもアクセントには最適。ソフトな素材感も肩肘をはらず好相性。
幅広ストラップサンダルは、スラックスの堅苦しさに反して大きなヌケ感を演出。

 

 

KEYWORDS:

オススメ記事