【リオ五輪での飛躍を誓う遠藤航<br />「メダルをかけるシーンを何度も想像している」<br />】 | BEST TiMESコラム

BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

リオ五輪での飛躍を誓う遠藤航
「メダルをかけるシーンを何度も想像している」

チームの悲願であったアジアチャンピオン奪回はベスト16でついえた。自ら失点のきっかけを作ってしまった遠藤の心のうちとは。

■U‐23で学んだものをU-23で返したい

 出場がかなわなかったトゥーロン国際大会ではありましたが、試合は録画をしてチェックしました。拓(岩波)と亀川(諒史)がケガをしたときは、現地にいる選手とやり取りをしていました。対戦国はより若い選手を中心にチームを組んでいたり、ルールも変則的な大会ではありましたが、新しい選手を呼ぶことでチーム自体は活性化を促せていたと思うし、国際経験を積むという意味においても、日本にとっては貴重な大会であったと思います。

 これまでU-23ではたくさんのことを学んできました。

 何度か書いた「ゲームをコントロールする」ことや「試合中のメンタル」などはその象徴的なものです。勝った喜び、負けた悔しさ……そんなさまざまな“きっかけ”を作ってくれ、僕を強くしてくれました。

 だからこそ、このリオの地で、オリンピックという大舞台で新たなきっかけをつかんでやる、という意欲があります。

 戦い方は、アジア最終予選でやってきたことがベースになっていくはずです。まず、しっかりと守備のブロックを築いて失点をしない。そして、我慢をしながら隙を見て得点を奪いにいく、カウンターで得点をする。これまでアジアに対してやってきたことを、「対世界」として精度を上げていき、結果を残すだけです。

 僕個人としても、アジアだけではなく世界でもやれるぞ、ということを証明したいと思っています。ゲームコントロールすること、球際……遠藤航という選手がいることを、しっかりとアピールしたいと思います。

 リオの舞台でメダルをかけてもらう姿を何度も想像しました。

 オリンピックを経験している阿部(勇樹)さんには初戦が大事だよ、と言ってもらいましたが、僕自身もそうだと思っています。まずナイジェリアに勝つことが、最高の色のメダルへの第一歩になります。

 応援してくれている皆さんのためにも、快く送り出してくれたレッズのためにも、一緒に戦ってきた仲間のためにも、自分のためにも……、金色のメダルを持って帰りたいと思っています。

次のページ「海外」といえば……

KEYWORDS:

オススメ記事

遠藤 航

えんどう わたる

浦和レッズ

1993年2月9日生まれ。神奈川県横浜市出身。

2008年に湘南ベルマーレユースへ加入すると、2010年には2種登録選手としてJ1で6試合に出場し1得点。翌年に、正式にトップチームへ昇格、主にセンターバックとして活躍する。各年代の日本代表にも招集され、リオ五輪を目指すU-23代表では主将を務め、リオ五輪代表出場権を勝ち取った。2016年シーズンより浦和レッズに移籍。



オフィシャルブログ http://lineblog.me/endowataru/

ツイッター @wataru0209


この著者の記事一覧