【細部にアクセントを効かせたモノトーンコーデ☆阿部耕平くん・東洋大学】 | BEST T!MESコラム

BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

細部にアクセントを効かせたモノトーンコーデ☆阿部耕平くん・東洋大学

全国6大都市でストリートジャックが発掘した、街のファッショニスタをピックアップ!

札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、福岡…全国6大都市で10~20代のリアルなファッションをスナップ! 毎日のコーデの参考に!

小物を上手に使ってシンプルな

モノトーンコーデにアクセントを!

東京・阿部耕平くん

(20歳) 東洋大学 身長184cm

この夏の大定番白トップス×黒ボトムスの王道モノトーンコーデも上をパーカ、ボトムスをストライプのハンパ丈にチェンジするだけで、シンプルになりすぎず上品さを確保! もちろんネックレスやクラッチバッグ、時計などの小物も技ありだ!アナログウオッチに、3連でブレスレットを。ピンポイントで色みを加えることでより印象的なアクセ使いに。

ハープパンツと合わせることでほどよい肌感&ヌケ感を演出するブラックスニーカー。

手軽に大人っぽさを演出できるアイテムがクラッチバッグ。これからの季節、重宝することまちがいなし!

黒のアナログウオッチに3連のブレス。ポイントでちょっとだけ色みを入れることで、さりげない主張に。

パーカ/WEGO

ハーフパンツ/WEGO

スニーカー/NIKE

クラッチバッグ/WEGO

ブレスレット/チャイハネ

ネックレス/ENTER

時計/ニクソン

KEYWORDS:

オススメ記事