最近のテレビ報道に、「違和感」ありませんか?

テレビの問題点を斬る! 『テレビ局はばぜ「放送法」を守らないのか』(小川榮太郎・上念司/共著)予約開始!

  

  

  テレビへの最後通告!

テレビ局はばぜ「放送法」を守らないのか―民主主義の意味を問う

(小川榮太郎・上念司/共著)予約開始!!

 
 
 

 

「TBSは今日、死んだに等しいと思います」(1996年3月25日/TBS『NEWS23』)

この言葉は20年前、故・筑紫哲也氏がオウム真理教による「坂本弁護士一家殺人事件」につながる“ある問題をTBSが犯したことが発覚した際に発言したものです。

犯罪レベルの違法報道、祖雑なストーリー、レッテル貼り、無知なニュースキャスター……。テレビは二度死んだのか?

「放送法」第4条を平然と無視し、私たち国民の「知る権利」を蹂躙し続けるテレビ局の闇を、二人の論客が炙り出す一冊です。

 

 

 

  

 

  • 日本マクドナルド創業者の哲学
  • 日本のMMTブーム仕掛け人・中野剛志が“今の日本”を語る
  • 亀田興毅「大人の社会科見学」
  • 教育現場の働き方改革を追う
  • 普通の生活
  • 期待しないでいいですか?
  • 映画に取り憑かれた元アイドル・シマザキリノのシネフィルカフェ
  • 身体美人化計画
  • 美女ジャケはかく語りき