馬鹿でブスで貧乏なあなたは、とりあえず特別な人をひとり確保しよう【藤森かよこ】

  ◆『馬鹿ブス貧乏な私たちが生きる新世界無秩序の愛と性』で私が書かなかったこと    10月20日過ぎにKKベストセラーズから出版された拙著『馬鹿ブス貧乏な私たちが生きる新世界無秩序の愛と性』が店頭に並ぶ。嬉しい。  拙著の目的は、その「まえがき」の冒頭で書かれているように、「大きく時代が変わる前の過渡期であり、今までの生き方が通用しないことが予測できる危機の時代において、馬鹿ブス貧乏な普通の女性たちが、無駄に恐怖や不安や焦燥を感じて萎縮することなく自分なりの人生を創るためのヒントを、愛や性の観点から提示すること」だ。  私がよくよく考えた末に拙著の中で書かなかったことはいくつかある。そのひとつが、日本における「馬鹿ではなくブスではなく貧乏でもない」人々の愛と性の様相だ。つまり、ほんとうのエリート層の愛と性だ。  たとえば、三島由紀夫が1957年に発表した小説『美徳のよろめき』は、大蔵省(今の財務省)の東大出の高級官僚の妻で、財閥系大企業の幹部である父を持つ28歳のヒロインが、美男子であるだけの男と不倫して、不覚にも振り回されてしまい妊娠し中絶し、やっと恋とか愛なんてものは中産階級以下の女の必需品であって、私のような階層の女がこだわるものではないと理解するに至る1年間を描いた話だ(と思う)。  とはいえ、小説家という職業は、三島由紀夫のように超上層中産階級出身であろうとも、中産階級に属する人間が従事する。だから、上流階級の真実を描いた小説は存在しない。知らないことは、いかに優れた作家といえども描くことはできない。皇族の方々が、愛と性を含んだ皇族の実態を描いた小説を書いて発表するはずがない。もし発表されたら超巨大ベストセラーになるだろう。もちろん私も買って読む。日本最高の上流階級の人々の生活と意見は人跡未踏の地なのだから。  現代欧米事情ならば、大人ばかりの健全な(?)乱交パーティもあれば、事業家で投資家のジェフリー・エドワード・エプスタイン(Jeffrey Edward Epstein,1953-2019)がカリブ海のヴァージン・アイランドの大邸宅で開催したような未成年の少女や子どもを相手にした乱交パーティもある。実際は、「エプスタイン」ではなく、「エプスティーン」と発音するらしいが。  エプスティーンは、児童買春で有罪判決を受けた後に収監所で謎の自殺(?)を遂げた。そのために、その乱交パーティの実態が隠蔽されてしまった。英国王室のメンバーまで参加していたらしいので、真実が暴露されれば面白かったのであるが。Netflixで、『ジェフリー・エプスタイン—権力と背徳の億万長者』(Jeffrey Epstein: Filthy Rich,2020)というドキュメンタリーが4回完結の連続ドラマ仕立てで配信されているので、視聴してみてください。欧米の超富裕層に属するある種の人々の脳の腐り具合がおぞましくも面白い。  少女売春者や小児売春者たちではなく、まともな類のエリート層の愛と性は、いったいどうなっているのかなあと考えていた頃に私は、Quora(http://jp.quora.com)で、日本の「馬鹿ではなくブスではなく貧乏でもない」人々の愛と性の様相の一断面を垣間見ることができるような面白い文章を発見した。  Quoraは、「お互い質問や回答をし合うことで、世界中の知識を共有し、それを広げ深める場」だ。SNSには違いないが、匿名で誹謗中傷を短文で書き連ねる類のSNSではない。ほとんどの人は本名で質問し、それらの質問に対して、ほとんどの場合、誰かが本名で回答をするという形式だ。どんなに長い文章で返答してもいい。その回答内容が面白く、かつ勉強になる。教養や国語力や文章力がない人間では書き込むことすらできないSNSだ。私など、ひたすら読むだけだ。  その中で、「(21) 風俗には行きたくないのですが、とにかく複数の女性と定期的に関係を持ちたいです。それは身体の関係という意味合いですが、恋愛的な駆け引きも楽しみたいのです。どうすればその状態に持っていけると思いますか? – Quora」という質問に対するある回答が実に面白かった。回答者は女性であった。美貌と教養を持ち、富裕層の男性たちと交際してきた女性だった。その回答の内容を以下に紹介する。   ◆頭脳明晰で美貌で富裕層の人々は性的にも自由    回答者は、10代前半で強姦された経験があり、男性は性欲で動くものであり、信用するに値しないという男性観の持ち主だった。しかし性欲はあるので、留学時代に、性交友だち(セフレ)を作っていたが、その相手に対して軽蔑心があった。  ところが留学先で、日本人が海外で現地人からされがちな「なめた態度」が許せなくて、回答者はボディビルのジムに通い始めた。身体を鍛え、身体の線を美しく保った。そうしたら、セフレのひとりから身体を激賞された。本気で好かれてしまった。で、自分には男性を惹きつける魅力があるとわかり、いろいろな男性を試してみた。  身体を作って美しくなるほど、「財力もあり人間的にもハイレベルな男性が面白いほどひっかかって」きた。そうした「ハイレベルで、かつリベラルな男性」から、乱交パーティに誘われて行ってみたら、そこはほんとうの意味での紳士淑女の集まる場だった。「セックス抜きでも、知的レベルが高いので、純粋に面白い」ので、彼らや彼女らとともにキャンプに行ったり、旅行したり。旅行先では、メンバーたちと性交相手を交換して楽しんだ。  そういう機会に、下着の選び方を教えてもらった。会話術も教えてもらった。「誰それはコミュニケーションのああいうところが下賤だ」とか教えてもらった。エリートたちの価値観や美意識について学んだ。これは実に貴重な体験だった。  回答者の経験の範囲で言えば、「セックスにタブーが少ない人というのは知的好奇心が高い」。「倫理観と好奇心の間で板挟みになる人」もいるが、知的好奇心に勝てずに乱交パーティに参加するのであって、彼らや彼女たちは決してセックス狂とか性交依存症ではない。言うまでもなく性犯罪者などいない。  回答者は日本に帰国してから、高級なハプニングバー(性的にいろいろな嗜好を持つ男女が集まり客同士で突発的行為を楽しむ、バーの体裁をとった日本の風俗。ハプバーなどと略される。Wikipediaより)や、入会の厳しい乱交パーティに通った。「そういうことにお金をつぎ込める層というのはガツガツもしていないし、セックスをある種、哲学的に考えている人」もいて、そこから交友関係が広がった。  現在の回答者は、そういう試みはしてない。なぜならば、セックスや人間にあまり興味がわかなくなったからだ。怪我をして以来ジムで身体を鍛えることができなくなり、体形の維持が難しくなったからだ。自分の美貌を保つ=自分の価値を一定に保つことは、プレッシャーが大きいので、今の状態は気楽でいいと思っている。