とにかく頭を下げる文化について 【 森博嗣 「静かに生きて考える」 連載第12回 】 |BEST TiMES(ベストタイムズ)

BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

とにかく頭を下げる文化について 【 森博嗣 「静かに生きて考える」 連載第12回 】

森博嗣「静かに生きて考える」連載第12回


新型コロナのパンデミック、グローバリズムの弊害、ロシアのウクライナ侵攻、安倍元総理の暗殺・・・何が起きても不思議ではないと思える時代。だからこそ自分の足元を見つめ、よく観察し、静かに考えること。森先生の日常は、私たちをはっとさせる思考の世界へと導いてくれる。連載第12回。


 

 

第12回 とにかく頭を下げる文化について

 

【あなたを責めているのではない】

 

 これが日本的な文化だとはいわない。日本以外でもあるだろう。ただ、とにかく「謝ることが正しい」との間違った解釈が幾分多く、周辺で観察される。

 仕事上でしばしば訪れる場面。「それは変じゃないですか?」と相手に指摘すると、「ああ、すみません、たしかにそうなんです。でも、こうするのが決まりでして」と返される。だいたいは、ここで引き下がるしかない。しかし、こちらに主導権があり、もう少し押せるような条件であれば、「いや、その決まりが間違っているのだから、この機会に改めてはいかがですか?」と要求すると、「はい、ごもっともです。同感です。でも、申し訳ありませんが、なんとか、このままお願いできませんか?」と返される。こうなったとき、どうでも良いことなら、譲ったり、引き下がったりできるだろう。ただ、少なからずこちらに不利益が生じるときには、「いえ、あなたは悪くないのです。あなたを責めているのではない。そのルールが間違っているから、それを直してもらいたいだけです」と食い下がってみる。

 抽象的に書いたけれど、このような場面が僕の人生では十数回あった(細かいことだから引き下がったのは、その五倍はあるはず)。いずれも、依頼されて、こちらが出向いて仕事をしたのに、当初の約束とは違う条件が急に示され、問題が生じた。だから、「それは変でしょう?」とクレームをつける。相手の担当者は良い人で、おそらくそのルールを知らずに仕事を進めた。ところが、あとになって、そうはいかないことが判明。その組織としての決まりがあったのだ。だから、頭を下げて謝ってきた、というわけである。

 たとえばの話、よくあるのは、この金額でこの仕事をと依頼された。事後に、なにかの理由でその金額は出せない、というルールの存在が発覚する場合などだ。例を挙げると、あるテレビ局では、出演料が過去の出演回数によって決まるルールになっている。また、ある出版社では、イラストの料金をイラストレータの学歴によって決めている。担当者は、こちらの出演回数や学歴を誤解して、最初にいくらです、と金額を提示してしまった。経理を通す段階になって、その額が出せないとわかった。このように例を挙げると、少し具体的になって、わかりやすいだろうか。

 

【謝ることが問題解決だという勘違い】

 

 具体的な例を挙げると途端に、それが問題なのだ、と焦点を絞って認識してしまう人が多いけれど、そうではない。もっと広く、いろいろなケースがある。決まりごとだけではなく、前例に固執し融通が効かない場合なども含まれる。当事者はお互いに「今回は特殊なケースだから」と理解している。だが、その事情を上へは持っていけない。担当者は板挟みになる。

 ルールを変えるような面倒なことはしたくない、というのが組織人の習性である。まずは頭を下げてその場を収めようと考えるし、これまでもそれで凌いできた。たまたま、頑固な人(僕のこと)に遭遇して問題となってしまうらしい。

 さて、僕としては、その間違ったルールを改めることが、その組織にとってもプラスだと信じていて、相手のため、相手の組織のためになるとの判断から、面倒だけれど、あえてクレームをつけている。僕としては、これは「優しさ」に属する行為である。自分がここで引き下がったら、将来きっと多くの人が嫌な思いをすることになるだろうし、組織にも不利益になるはず。今のうちに修正しておいた方が良いのはまちがいない。

 「とにかく、そちらで一度検討してみて下さい」とお願いすると、次は、担当者の上司がやってくる。その上司に改めて説明をしなければならないのか、と溜息を漏らすことになるが、その上司は、説明をしにくるのではなく、ただ頭を下げにくるのだ。「上の者が謝れば解決する、そのための上司」なのかと呆れることが数回あった。

 謝ってほしいなんて全然思っていない。謝られてもしかたがない。時間と経費を使い遠くまで出張してきて頭を下げること、これが彼らの誠意であり解決方法なのだ。もちろん、ただ謝るだけで、その間違ったルールをどうして直すことができないのか、といった説明はない。相手(僕)はただ感情的になって頭に血を上らせているだけで、それさえ収めれば問題は解決する、と考えているのだ。失礼な話ではないか。この文化が、僕には許容できない。許容はできないけれど、頭に血を上らせているのではない。怒ってもいないし、相手を嫌っているのでもない。腹も立っていないから、笑顔で話ができる。単に、「間違いを直してはいかがでしょうか?」と提案しているだけなのだ。

次のページ機嫌を取ることだけに神経をすり減らす人たち

KEYWORDS:

 

✴︎KKベストセラーズ 森博嗣の好評既刊『道なき未知 Uncharted Unknown』✴︎

※上のカバー画像をクリックすると、Amazonサイトにジャンプします

オススメ記事

森博嗣

もり ひろし

1957年、愛知県生まれ。小説家、工学博士。某国立大学工学部助教授として勤務する傍ら、96年『すべてがFになる』で第一回メフィスト賞を受賞し、作家デビュー。以後『イナイ×イナイ』から始まるXシリーズや『スカイ・クロラ』など多くの作品を執筆し、人気を博している。ほかにも『工作少年の日々』『科学的とはどういう意味か』『孤独の価値』『本質を見通す100の講義』『作家の収支』『道なき未知』『アンチ整理術 Anti-Organizing Life』など著書多数。最新SF小説『リアルの私はどこにいる? Where Am I on the Real Side?』、森博嗣著/萩尾望都原作『トーマの心臓 Lost heart for Thoma』が好評発売中。9月21日に『新装版-ダウン・ツ・ヘヴン - Down to Heaven 』が発売予定。

 

この著者の記事一覧

RELATED BOOKS -関連書籍-

道なき未知 (ワニ文庫)
道なき未知 (ワニ文庫)
  • 博嗣, 森
  • 2019.04.22
トーマの心臓 Lost heart for Thoma (講談社文庫)
トーマの心臓 Lost heart for Thoma (講談社文庫)
  • 森 博嗣
  • 2022.08.10
新装版-ダウン・ツ・ヘヴン-Down to Heaven (中公文庫 も 25-17)
新装版-ダウン・ツ・ヘヴン-Down to Heaven (中公文庫 も 25-17)
  • 森 博嗣
  • 2022.09.21