こんなふうに生きようと考えたことはない【森博嗣「静かに生きて考える」連載第9回 】 |BEST TiMES(ベストタイムズ)

BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

こんなふうに生きようと考えたことはない【森博嗣「静かに生きて考える」連載第9回 】

森博嗣「静かに生きて考える」連載第9回


新型コロナのパンデミック、グローバリズムの弊害、ロシアのウクライナ侵攻、安倍元総理の暗殺・・・何が起きても不思議ではないと思える時代。だからこそ自分の足元を見つめ、よく観察し、静かに考えること。森先生の日常は、私たちをはっとさせる思考の世界へと導いてくれる。連載第9回。


 

 

第9回 こんなふうに生きようと考えたことはない

 

【影響を受けたものを語りたがる人たち】

 

 SNSで散見されるのは、「私を作ったもの」「感動したもの」を過去に遡って語る人たちである。たとえば、読書家ならば、読んで面白かった本のタイトルを羅列している。まるで、自分が好きな食べ物を家の前に並べて展示しているような光景を連想させる。軒先を通りかかった人は、ちらりと見ていくだろう。そして、「何しているの、この家は」と訝しむのである。

 もちろん、「私はこれが好きなんです」と表示しておけば、わざわざ展示していることの意味は少し理解してもらえるかもしれない。しかし、通りすがりの人の感想は、「へえ……」に変わるだけで、なおも5cmくらい引いてしまうはずだ。

 意味は通じても、気持ちは通じない。「あなたが好きなものを見せてもらっても、それが私にどう関係するの?」と思う程度だ。実際に言葉の反応として出ないだろう。逆に、過剰に反応されて「何なの? これをプレゼントしてくれってこと?」と問い詰められると厄介だ。

 自分はこういう人間です、という主張は比較的、そして技術的に難しい。どうしてかというと、それを一番よく知っている人(つまり本人)にとってさえ、まとめきれない複雑さと、そのときどきで大きく揺らぐ指向しか感じ取れないのが普通だからだ。ようするに、自分で自分がわからない。かえって、他者の方が、「ああ、あの人はね、こんな感じ」と簡単に言葉にしてくれるはず。

 抽象的に本質を捉えるには、プロ的な技術が必要である。それはたとえば、精神分析や占星術に技術援助を頼まなければならないかもしれない(一部の自己紹介に星座を取り上げる理由はこれだ)。

 一方、社会で多く観察されるのは、自分の成功例を列挙する人たちである。仕事でこのような業績を挙げた、といったいわゆる「履歴」である。おそらく、自身の能力をアピールするのが目的であり、たとえば就職の面接などには有効だろう。だが、人間の価値とは、少なからずずれている。友達を募集するときに、履歴書で審査するようなものだからだ。

 僕がここで書きたいのは、主張ではない。観察される傾向であって、なにかに反対したり、賛同を求めているのでもない。こんな人が多いですよね、というだけだ。

 

【現在抱えている問題を語る人は少ない】

 

 自分が影響を受けたものや、自分が成し遂げた仕事などは、いずれも過去の事柄である。つまり「今」の状況ではない、という点に僕は違和感を抱く。だから、過去を語る人たちには、「で、今は何をしているの?」と尋ねたくなってしまう。

 かつて研究者という仕事に就いていた。研究者というのは、なにがしかの問題を抱えている。課題で頭を悩ませている。そして、大きな問題、あるいは多数の問題を抱えている人ほど、研究者として優れているのだ。だから、人と話をするのは、いつも、「今考えていること」になる。過去の成功例を語る人などいないし、また、自分が影響を受けた研究者の話なんか聞いたこともない。「ここが変だ」「どうしてわからないのだろう?」「解決がおぼつかない」と嬉しそうに話す。子供が、「ねえ、どうして?」「それは何?」と大人に向けて目を輝かせるのと似ている。

 どれくらい自分が困っているかが、その人の能力なのである。誰にも理由はわからない。今のところ解決策がない。そういう状況こそが、人間が能力を投じる対象であって、それこそが、毎日の楽しみでもある。頭を抱え、不機嫌そうに顔を顰めていても、楽しくてしかたがない。普通の人にはわからないだろうか? 「君の悩みは深そうだ。良いね。まったく羨ましいよ」といった感覚になる。

 問題を目前にして思考に没頭したため、二日ほど食事を忘れていたことがある。作ってもらった弁当をそのまま持って帰ったことが何度かある。ようするに、生きることなど二の次になる。当時の僕はとても貧乏だったから、弁当を作ってくれた奥様には大きな借りを作った。でも、我を忘れるというのは、生活を忘れることなのである。

 おそらく、こんな話をすると不謹慎だといわれるだろうけれど、生活に悩んでいる人は、その悩みについて考えることができる。その問題を持っていないよりも、むしろ良い状態だし、人間の能力を発揮するチャンスだとも思えてしまう。

次のページこの人の生き方に感銘を受けた、という経験はない

KEYWORDS:

 

✴︎KKベストセラーズ 森博嗣の好評既刊『道なき未知 Uncharted Unknown』✴︎

 

※上のカバー画像をクリックすると、Amazonサイトにジャンプします

オススメ記事

森博嗣

もり ひろし

1957年、愛知県生まれ。小説家、工学博士。某国立大学工学部助教授として勤務する傍ら、96年『すべてがFになる』で第一回メフィスト賞を受賞し、作家デビュー。以後『イナイ×イナイ』から始まるXシリーズや『スカイ・クロラ』など多くの作品を執筆し、人気を博している。ほかにも『工作少年の日々』『科学的とはどういう意味か』『孤独の価値』『本質を見通す100の講義』『作家の収支』『道なき未知』『アンチ整理術 Anti-Organizing Life』など著書多数。最新SF小説『リアルの私はどこにいる? Where Am I on the Real Side?』、森博嗣著/萩尾望都原作『トーマの心臓 Lost heart for Thoma』が好評発売中。9月21日に『新装版-ダウン・ツ・ヘヴン - Down to Heaven 』が発売予定。

 

この著者の記事一覧

RELATED BOOKS -関連書籍-

道なき未知 (ワニ文庫)
道なき未知 (ワニ文庫)
  • 博嗣, 森
  • 2019.04.22
リアルの私はどこにいる? Where Am I on the Real Side? (講談社タイガ)
リアルの私はどこにいる? Where Am I on the Real Side? (講談社タイガ)
  • 森 博嗣
  • 2022.04.15
トーマの心臓 Lost heart for Thoma (講談社文庫)
トーマの心臓 Lost heart for Thoma (講談社文庫)
  • 森 博嗣
  • 2022.08.10