インプット過多の社会【森博嗣「静かに生きて考える」連載第8回 】 |BEST TiMES(ベストタイムズ)

BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

インプット過多の社会【森博嗣「静かに生きて考える」連載第8回 】

森博嗣「静かに生きて考える」連載第8回


新型コロナのパンデミック、グローバリズムの弊害、ロシアのウクライナ侵攻、安倍元総理の暗殺・・・何が起きても不思議ではないと思える時代。だからこそ自分の足元を見つめ、よく観察し、静かに考えること。森先生の日常は、私たちをはっとさせる思考の世界へと導いてくれる。連載第8回。


 

第8回 インプット過多の社会

 

【漫画だって読みますよ】

 

 連載の第5回で、読者サービスで最近読んだ漫画のタイトルを書いたところ、予想どおり反響があった。みんな、このような具体的なことを知りたいのだな、と確認。森博嗣は漫画なんか読まない、と思っていた人も多かったようだ。僕は若い頃に漫画を描いていた。テキストではなくビジュアル志向で生きてきた。ただ、最近はそれほど漫画を読んでいなかった。

 どうして読むことになったのかというと、10年ほど使っているKindleの反応が遅いと感じるようになったので、カラーモニタの新機種に買い替えた。モニタも大きいものにした。それで、漫画を読む気になった、という流れである。小さなスマホで漫画を読んでいる人たちは、きっと目が良いのだな、と感心する(僕は視力2.0だが近いものは苦手な遠視)。

 書斎のデスクには24インチモニタが2つ並んでいて、映画はこれで見る。すべて日本以外の作品。吹替えのものは苦手で、字幕で見る。ただ、文字を読むのも不得意なので、半分は英語で頭に入る。

 読書量も最近は多い。同時に数冊を読む。ただ、小説は一切読まない。読書には古いKindleをまだ使っている。ページを捲るだけだから、少々反応が遅くても我慢。

 このようにインプットの時間が増えているのは、歳のせいだと思う。いろいろ億劫になったし、体調を考え、無理をしない。さらに、文章を書く仕事を順調に削減できたことも大きい。

 小説を書こうと思ったら、このようなインプットは障害となる。何故かというと、面白い作品に出会うたびに、「こういうものは書けないな」と感じるから。世の中にもう存在しているものは、忌諱の対象となる。創作とは、まだ存在しないものを生み出す行為なので、もしなにも知らなければ、無限の可能性がある。インプットして既存のものを蓄積するほど、創作の自由度が縮小する。

 

【アウトプットをさせない現代】

 

 僕は研究者として二十数年間勤務し、論文を沢山書いた。作家になってから書いた作品の倍以上の数にもなる。「小説家になるなら小説を沢山読むべきだ」とおっしゃる方がいるけれど、僕は子供の頃から研究論文を愛読していたわけではない。あるとき突然研究者になり、研究をして論文を書いた。小説もこれと同じで、自分が書く作品について研究(思考)さえすれば、いきなり書けるはず。他者の作品を参考にする必要はない。

 ただ、どんな傾向のものがこの世に出回っているのかを知っていた方が良いので、そういった「既往文献の調査」は必要かもしれない、同じものをうっかり書かないために(論文では絶対に書いてはいけないが、小説はそうでもないらしい。弱い縛りである)。

 最近、体力が衰えたことと、仕事をほとんどしなくなったことで、僕の生活に占めるインプットの時間が増えた。漫画もそうだし、映画も毎日2本くらい見る。僕は、一度見たものを二度と見ないので、つまり自分にとっての新作ばかりなのだが、世の中には、膨大な数の作品が存在する。全然追いつかない(追いつこうと思っているわけではないが)。

 僕は若い頃から沢山の漫画や映画を見てきた。このため、漫画や映画で仕事をするチャンスがなくなった、と感じている。良い作品に出会うほど、自分が進出する隙がない、と感じるからだ。幸い、小説はそこまで読んでいなかったし、研究者になってからは、ほとんどこの種のインプットがなくなった。作家になれたのは、この絶食期間が幸いしたのだろう。

 ところで、世間を見回してみると、現代は容易にインプットができる環境が整っている。出かけていって探す必要もない。しかも安い。どんな分野でも幅広く、あらゆる作品に接することが可能だ。初心者向けの入門グッズなども充実している。今の若者は、とにかくインプットが楽しくてしかたがないだろう。そして、この飽食環境がために、アウトプットができなくなる。

次のページなにもかもがキットやパックになった

KEYWORDS:

✴︎KKベストセラーズ 森博嗣の好評既刊『道なき未知 Uncharted Unknown』✴︎

※上のカバー画像をクリックすると、Amazonサイトにジャンプします

オススメ記事

森博嗣

もり ひろし

1957年、愛知県生まれ。小説家、工学博士。某国立大学工学部助教授として勤務する傍ら、96年『すべてがFになる』で第一回メフィスト賞を受賞し、作家デビュー。以後『イナイ×イナイ』から始まるXシリーズや『スカイ・クロラ』など多くの作品を執筆し、人気を博している。ほかにも『工作少年の日々』『科学的とはどういう意味か』『孤独の価値』『本質を見通す100の講義』『作家の収支』『道なき未知』『アンチ整理術 Anti-Organizing Life』など著書多数。SF小説の最新刊『リアルの私はどこにいる? Where Am I on the Real Side?』が4月15日に発売。

 

この著者の記事一覧

RELATED BOOKS -関連書籍-

道なき未知 (ワニ文庫)
道なき未知 (ワニ文庫)
  • 博嗣, 森
  • 2019.04.22
リアルの私はどこにいる? Where Am I on the Real Side? (講談社タイガ)
リアルの私はどこにいる? Where Am I on the Real Side? (講談社タイガ)
  • 森 博嗣
  • 2022.04.15
トーマの心臓 Lost heart for Thoma (講談社文庫)
トーマの心臓 Lost heart for Thoma (講談社文庫)
  • 森 博嗣
  • 2022.08.10