【新連載エッセィ】森博嗣「静かに生きて考える」第3回 |BEST TiMES(ベストタイムズ)

BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

【新連載エッセィ】森博嗣「静かに生きて考える」第3回

第3回 もう充分に生きただろう


BEST TIMES人気連載だった森博嗣先生の「道なき未知 Uncharted Unknown。不可解な時代を生き抜く智恵や考え方を教えていただきました。同タイトルで書籍化され、多くの読者の心を掴みました。あれからもうすぐ5年。新型コロナ感染の流行、ロシアのウクライナ侵攻、経済格差の広がりやポリコレ騒ぎの数々・・・時代はさらに不確実で不安定で物騒になってきた、といわれています。そんな時だからこそ、森先生のお話を静かに聴いてみたい。そして世の中を落ち着いて観察してみたい。浮き足立つ時代にほんとうに大事な生きる構えとは何かを知るために・・・。新連載エッセィの第3回を公開。


 

 

第3回 もう充分に生きただろう

 

【今はロスタイムだと認識している】

 

 子供の頃から躰が弱く、病院に通う日が多かった。すぐに具合が悪くなり、お腹が痛い、頭が痛い、気持ちが悪い、といった症状に悩まされた。僕には兄がいたのだが、僕が生まれるまえに亡くなっている。だから、両親は心配して、なにかあるとすぐに僕を医者へ連れていった。そんなふうだったから、自分は長くは生きられないと感じていた。

 父も躰の弱い人で、入院が多かった。心臓の発作で倒れ、僕が薬を口に入れたこともあった。父からは、自分は長生きしないから、早く独り立ちしなさい、といわれて育った。大人になったら、自分の力で生きていくしかない。どうやって生活しようか、と考える子供だった。

 しかし、そんな父は、84歳まで生きた。72歳で亡くなった母の方が早かった。僕自身は、自分の人生は60年だろうと想像していたから、47歳で退職したし、小説の仕事も早めに切り上げ、55歳くらいでほぼ引退の身となることができた。

 今年の12月で65歳になる。既にロスタイムに突入していて、「余命」といっても良い。5年まえだったか、ドライブ中に気分が悪くなり、救急車で運ばれた。いよいよ死ぬときが来たな、と思ったのだけれど、MRIなどの検査をしたところ、どこも悪くない。脳外科の先生たちが集中治療室でモニタを見ながら首を傾げていた。スタッフも数人集まっていたのに緊急手術は中止。一週間後には体調が戻り、退院となった。

 このとき、ここで『道なき未知』の連載中で、病室から編集者に「少し待って下さい」とメールを送ったのを覚えている。隔週連載は遅れることなく順調に続いた。

 この件については、三年後に違う医師に診てもらい、良性発作性頭位目眩症ではないか、といわれた。目眩はしょっちゅうなのでなんともいえないが、そうだったら良いなとは思っている。

 

【欲しいものはもうほとんどない】

 

 前回、どんな趣味で毎日遊んでいるかをざっくり書いたけれど、欲しいものは躊躇なく手に入れているので、若いときから憧れだったアイテムは、もう自分のものになってしまった。すると、欲しいものが新たに出現しないかぎり買うことができないから、今はお金を減らすことに不自由している。無理に減らすこともないし、買ったままで、あまりいじっていない温存品も数多く、悩む暇もないといえば、そのとおりである。

 かつては、世界中の模型屋を訪ね、欲しいものを探していたのに、今はたちまちコンタクトが取れるし、むこうから「こんな品が入りましたけれど、いかがですか?」と連絡をいただくようになり、若い頃のドキドキ感がやや減衰している寂しさはある。でも、寂しいことが好きなので、嫌だとは思っていない。僕は、暗いところ、寂しいところが大好きで、自宅も照明を控えめにしている。書斎でさえ、手元のスタンドを点灯させないと夜は本が読めない。話がずれてしまった。

次のページガラクタに囲まれて暮らしている

KEYWORDS:

✴︎KKベストセラーズ 森博嗣の好評既刊『道なき未知 Uncharted Unknown』✴︎

※上のカバー画像をクリックすると、Amazonサイトにジャンプします

オススメ記事

森博嗣

もり ひろし

1957年、愛知県生まれ。小説家、工学博士。某国立大学工学部助教授として勤務する傍ら、96年『すべてがFになる』で第一回メフィスト賞を受賞し、作家デビュー。以後『イナイ×イナイ』から始まるXシリーズや『スカイ・クロラ』など多くの作品を執筆し、人気を博している。ほかにも『工作少年の日々』『科学的とはどういう意味か』『孤独の価値』『本質を見通す100の講義』『作家の収支』『道なき未知』『アンチ整理術 Anti-Organizing Life』など著書多数。SF小説の最新刊『リアルの私はどこにいる? Where Am I on the Real Side?』が4月15日に発売。

 

この著者の記事一覧

RELATED BOOKS -関連書籍-

道なき未知 (ワニ文庫)
道なき未知 (ワニ文庫)
  • 博嗣, 森
  • 2019.04.22
リアルの私はどこにいる? Where Am I on the Real Side? (講談社タイガ)
リアルの私はどこにいる? Where Am I on the Real Side? (講談社タイガ)
  • 森 博嗣
  • 2022.04.15