【Q.18 どうして他人がやらないマニアックなモノマネをするんですか?】 | BEST T!MESコラム

BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

Q.18 どうして他人がやらないマニアックなモノマネをするんですか?

「ものまねは本人に会うのが一番強い」と語る関根さん…でもそれ以外もやってますよね!?

  それにしても、クセを掴むのが絶妙ですね! しかも、他の人とネタが被らない。

やっぱり、重なるのが嫌なんですよね。比べられちゃうじゃないですか。昔は、森進一さんもやってたんですよ。でも、歌の上手い人にやられちゃうと比べられちゃうから、やめちゃったんですよ。以前は『アタック25』の児玉清さんもやってたんですけど、華丸君の方が上手いからやめちゃいました。ただね、長嶋茂雄さんだけはやめない。プリティ君が出てきたんですけど、長嶋さんだけは譲る気しなかったですね。これは、オレはやり続けるぞって。ここだけは譲れない、と。

  こだわりのミスターなんですね!

昔はね、アントニオ猪木さんもやってたんですよ。そうしたら、後輩の鈴木末吉がやり始めた。あいつはね、体とか雰囲気も似てるんですよ。だから、負けるなと。じゃあ、オレはジャイアント馬場さんに特化しようって。

  馬場さんは、もう亡くなっているから、最近の馬場さんの印象って、もう関根さんの印象になっちゃってますよね。ものまねに関してのこだわりってありますか?

やっぱり、好きな人をやりますよね。武田鉄也さんも、みんながやってるから、僕、やるのをやめちゃったんですけど、武田さんも大好きですから。

  みんながやってるとやらないで、新しいところをまた探すんですね。

そうそう。で、他の人がやった時に自分の方が少し似てなかったら、下手だと思われるじゃないですか。ところが、一人しかやってなければ、その時点でもうチャンピオンですから。


明日は「Q.19 ものまねのネタはどうやって見つけるんですか?」です。


 

KEYWORDS:

オススメ記事

関根 勤

せきね つとむ

1953年8月21日生まれ、東京都出身。TBS「ぎんざNOW」の素人コメディアン道場で初代チャンピオンとなり1974年12月に芸能界入り。テレビで見ない日がないというほどの人気コメディアン。バラエティ番組を中心に、テレビ・ラジオ、CM、舞台など幅広く芸能活動を行っている。 芸能界屈指の格闘技マニアとして知られ、「K-1公式サポーター」も務めている。



最新情報は 浅井企画オフィシャルウェブサイト Facebook をチェック!


この著者の記事一覧