【「パンデミック・ヒステリー」を回避する! 陰謀論追っかけの効用とは?】 | BEST T!MESコラム

BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

「パンデミック・ヒステリー」を回避する! 陰謀論追っかけの効用とは?

陰謀論の種は尽きない

 ついに政府は緊急事態宣言を正式に発効。世界では都市封鎖とともにコロナ・パニックともいえる自粛要請によって休店休業、突然解雇の大騒動などが報じられ、感染不安とともに社会・経済の崩壊を憂える過剰な不安が日々増している。この事態を「パンデミック・ヒステリー」と呼んでいるのが、著述家の藤森かよこ氏(福山市立大学名誉教授)。初エッセイの『馬鹿ブス貧乏で生きるしかないあなたに愛をこめて書いたので読んでください。』(KKベストセラーズ)が現在ベストセラーで話題となっている。そんな藤森氏がパンデミック・ヒステリーに陥らないための「コロナ世界の読み解き方」を伝授。題して「コロナ陰謀論の効用」とは?

■インフォデミックは陰謀論(権力者共同謀議説)をもつかむ

新型コロナで緊急事態宣言を発令へ。小池都知事が会見。なぜかはしゃいでいるように見えてしまうのはカイロ大学首席卒業ゆえか……。写真/アフロ

 ここ2か月ほどは、新型コロナウイルスに関する情報を漁るのに忙しかった。インフォデミック(デマ情報感染症)になりかけていたかもしれない。

 まずこの感染症の名称がややこしい。最初は「武漢肺炎」(Wuhan pneumonia)と呼ぶ人が多かった。ところが、特定地域に悪しきイメージを与えるし差別的であるという理由で「新型コロナウイルス」と呼ばれるようになった。

 コロナウイルスというのは変異が多いタイプのウイルスなので、いつも新型のようなものだから、「新型コロナウイルス」という名称はふさわしくないという意見も聞いた。

 ウイルスの正式名はSAR-CoV-2であり、このウイルスによる症状である急性呼吸器症候群で、かつ2019年に中国から発生したものをcovid-19と呼ぶのだから、両者をごっちゃにしてはいけないということも知った。

 よく「いい加減なネット情報ではなく、専門家による正確な情報を調べましょう」と言われるが、感染症研究者などの専門家の言うことも一律同じわけではない。収束時期の予測もバラバラだ。「収束」と「終息」は違うのであって、「収束」はあっても、ウイルスと人類の攻防(共存?)に「終息」はないということも知った。やれやれ。

 いろいろ情報を漁っていると、「どうしてこんなことになったのだろうか?」と犯人捜しをしたくなる。半信半疑ながら、つい陰謀論(権力者共同謀議説)に踏み込んでしまう。

◆新型コロナウイルスは中国製かアメリカ製?

 たとえば、「新型コロナウイルス」は、人為的に作られたものという説が1月末に現れた。インドの科学者たちが、新型コロナウイルスのタンパク質配列にHIVウイルスと似たタンパク質が含まれていると発表した。(https://www.biorxiv.org/content/10.1101/2020.01.30.927871v1)しかし、インドの科学者の論文は、多くの批判を浴び、すぐに撤回された。

 もしインドの科学者の説が事実ならば、誰が人為的にこのようなウイルスを作ったのか?

 発生地の武漢の生物科学研究所の実験動物の肉が売買されて食されて人間に感染したのか? それとも、秘密の生物化学兵器として開発されたウイルスが漏れてしまったのか?

 しかし、このウイルスはアジア人に多いACE2遺伝子を受容体にして細胞に侵入する。このACE2によく似た酵素が発見されたので、この酵素が新型コロナウイルスによって引き起こされる症状の緩和に役立てるかもしれないという発表を秋田大学の医学部がしたのだから、これは事実だ。
https://www.akita-u.ac.jp/honbu/event/item.cgi?pro3&857

 アジア人に多い遺伝子を受容体にするようなウイルスを中国が開発するはずがない。ならば、これはアジア人人口削減が利益となる非アジア系研究所の開発したものなのだろうか?

 案の定、このウイルスはアメリカで開発されたものであり、2019年に武漢で開催されたミリタリーワールドゲームに参加した米軍兵士がウイルスを仕掛けたのだという説が出た。(https://www.ibtimes.sg/us-military-brought-coronavirus-china-top-official-refers-military-games-wuhan-2019-40911

 それに関連していなくもないような事件も起きた。1月28日に、ハーバード大学の化学&化学生物学部の学部長であるチャールズ・リーバー教授が、中国政府に協力し、アメリカの安全保障を脅かしたとして起訴された。大学からは無期限の休職処分を受けた。(https://www.bbc.com/news/world-us-canada-51288854

 リーバー教授は、アメリカ国立衛生研究所や国防省から1500万ドル(16億3600万円)を超す助成金を得ながら、武漢理工大学の教授にも就任し、月給5万ドル(550万円)と生活費15万8000ドル(1700万円)支給され、かつ研究所設立費用として150万ドル以上を支給され、中国の「千人計画」に協力していた。しかし、その件についてハーバード大学に申告していなかった。

「千人計画」とは、優秀な中国人科学者が留学先の欧米に定住することを防ぐ中国の最高頭脳流出防止計画である。FBIは、アメリカの中国人科学者たちが何十年にも渡りアメリカの科学技術を窃盗しスパイ行為を働いてきたと考えている。

 この事件は、アメリカによるウイルス研究の成果が武漢で詐取された可能性を示唆している。ただし、新型コロナウイルスがアメリカ製とまでは示唆していない。

次のページウイルスワクチン販売促進のための都市封鎖という陰謀?

KEYWORDS:

オススメ記事

RELATED BOOKS -関連書籍-

馬鹿ブス貧乏で生きるしかないあなたに愛をこめて書いたので読んでください
馬鹿ブス貧乏で生きるしかないあなたに愛をこめて書いたので読んでください
  • 藤森 かよこ
  • 2019.11.27