弊社・KKベストセラーズが20年に渡り、発行し続けたファッション誌『STREET JACK(ストリートジャック)』。1997年創刊し、その歩みは2017年の休刊でしばし止めている。
 手前みそになりますが、ストリートファッションブームの火付け役となり、シーンを牽引する雑誌のひとつだったと思う。

 2011年、東日本大震災が発生。日本中に甚大な影響を及ぼしたこの大災害は、ファッション業界、出版業界にももちろんのこと、襲いかかってきた。
 そんな中、いったい“何”を考え、“何”を発信していたのか、振り返っていきたい。

SJ クロニクル 2011

「2011年7月号」を振り返る 

前年に朝ドラ『ゲゲゲの女房』でブレイクしたばかりの向井 理さんが表紙。「天才型か努力型かと聞かれたら、僕は完全に後者」と自分を分析していた。

【DATA】発売日:2011年5月24日
表紙:向井 理
巻頭特集:誰でも簡単♪ リアルな300コーデ

 東日本大震災から9年。

 あの大災害は、当時を知る者すべての心に刻まれ、そして風化させてはいけない、想いと叫びを残していった。

 そんな震災が起こった年。当時日本中が自粛ムードとなる中、ファッション業界、雑誌業界も例外ではなく、ストリートジャック編集部でも「今、何をすべきか」が毎日のように問われていた時期。そのまっただ中で作られたのが、この号だった。

 編集部が出した答えは、「こういうときだからこそ、全国で待っている読者のために、いつものストリートジャックを届けよう」だった。
 こういった判断には当然、賛否があるかもしれないが、あのときの葛藤は、9年経った今も絶対に忘れてはいけないと思う。

 

 さて、この号はのちに毎月恒例になったある「企画」が本格的にスタートした号でもあった。それは…

そう、付録である。

 この号までも『STREET JACK』には特別付録がなかったわけではないが、本格的に“商品開発”が始まったのは、この号がきっかけだった。

 上にも書かれているとおり当時としては「付録の常識を超えた!」クオリティで、「セレクトショップの名前を冠した腕時計が付いてくるなんて!」と業界でも騒然となったとか。

 

 そして、この号の中身(目次)がこちら

 表紙にはブレイクまっただ中の向井 理さんが登場。
 2010年にNHK朝の連続テレビ小説(いわゆる「朝ドラ」)の『ゲゲゲの女房』で好演し、以降「朝ドラ」は若手俳優の登竜門となるのだが…。

 

■当時のNo.1人気連載が「街こそおしゃれの教科書だ!」

写真を拡大 2010年11月号の大幅リニューアル後、SJの看板連載となった「街こそおしゃれの教科書だ!」は約4年にわたりSJの巻頭を飾った。

 この頃の『STREET JACK』でトップクラスの人気を誇ったのがスナップ連載「街こそおしゃれの教科書だ!」。毎月、「シャツ」「ジーンズ」「ブルー」などアイテムやカラーのトレンドテーマで、街のおしゃれさんをスナップするこの企画。

 刺しゅう入りのシャンブレーシャツや、ボルドーのボウリングシャツなど、アイテムチョイスには若干時代を感じるものの、当時のファッションは今見てもそこまで違和感はない。

次のページ なぜか、〇〇な写真が編集部でブームに?