前述した石田町には慶長5年(1600)、関ケ原の合戦に臨む三成が戦勝祈願をしたと伝わる春日神社もある。

 その際、三成はひと株の藤をみずから植えた。『近江坂田郡志』には、「嘗て石田三成当社に参拝して藤一株を手づから栽植し祈願の印とせりとて伝えて今に培養を怠らず。大いに繁茂す」との記録がある。

春日神社[かすがじんじゃ](米原市世継)
​御祭神はアメノコヤネノミコト(出世の神)、タケミカヅチノミコト(徳の軍神)。三成が関ケ原での戦勝を祈願した神社。
三成公お手植えの藤(春日神社内)
春日神社境内にある。長く地元の人々に守られ、今も春になると見事に咲く藤棚。

『三成伝説』(オンライン三成会編)は、「藤の花房は垂れ下がり、先細って行くことから、忌み嫌う武将が多かった」と記すが、三成はそうした縁起を意に介さない近代的合理精神の持ち主だったと評価している。

 だが、戦勝祈願も虚しく、三成は関ケ原で敗れた。戦線を離脱し伊吹山へと逃れ、古橋にある法華寺を目指して落ちた。法華寺には三成の母の墓があったため、頼ったのだと考えられる。付き従う家臣はわずか3人だけ。急きゅう峻しゅんな山道を行く険しい道程だった。

法華寺[ほっけじ]三珠院跡(長浜市木之本町)
関ケ原での敗戦後、追っ手を逃れてこの場に匿われたと伝わる。

 法華寺は行基(ぎょうき)が創建した山岳信仰の古刹・己高山鶏足寺(こだかみやまけいそくじ)の別院だったと伝わるが、現在は廃寺である。当時を偲ぶ遺構として石段とわずかな石垣が残り、跡碑が立つ。碑のすぐ近くに、三成が追っ手の目を逃れて潜伏した「大お とち 蛇の岩がん窟くつ」もある。

「士は己れを知るものの為に死す」

 中国の春秋時代、晋(しん)の武将・智瑶(ちよう)に仕えていた家臣の豫譲(よじょう)は、山中に逃れ主君の仇を討つことを誓った。

「士は己れを知る〜」は、その誓いが故事となって残ったものである。法華寺を目指した三成の心中も、同じであったろう。

滋賀県「湖北〜湖東部」三成関連マップ
彦根―米原―長浜は約17kmほど。その範囲に三成ゆかりの名跡が凝縮している。風光明媚な琵琶湖の湖畔を眺めつつ、たっぷりと巡りたい地域だ。地図/ジェオ