【北海道から九州まで、戦国時代の100家臣団がここに集結!】 | BEST T!MESコラム

BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

北海道から九州まで、戦国時代の100家臣団がここに集結!

先出し!歴史人2020年2月号

 2020年2月6日発売の歴史人3月号「戦国最強家臣団はどこだ?」では、全国の戦国家臣団について完全解説!戦国家臣団とはどのようなものだったのか?また、どうして戦国家臣団は強かったのか?本誌では多くの疑問について解説!

 ここでは、第一位の織田信長とその家臣団の編成図を先出し! 

■実力派揃いの信長家臣団!

写真を拡大 2020年2月6日発売の歴史人3月号「戦国最強家臣団はどこだ?」P22-23

 多くの実力者を家臣に抱えた織田信長。信長に仕えた家臣団編成を解説!

 ここでは本誌の中から一部をピックアップしてご紹介!

●連枝衆

尾張統一までは権勢を誇った叔父、大叔父などの一族。織田氏の勢力が拡大するにつれ、嫡男の信忠を中核とする役職へとなっていった。

・織田信雄(のぶかつ)

・織田信包(のぶかね)

・織田信澄     他

●旗本

平時には主君の身辺を警護し、戦時には織田軍の主力となる武闘派集団。信長は将来有望な者を部将に抜擢し、家臣団の拡充を策した。

<武将>

・稲葉良通

・蒲生賢秀     他

<馬廻>

・堀秀政

・長谷川秀一    他

<小姓>

・森成利

・森坊丸      他

<弓衆>

・平井長康

・中野一安     他

●方面軍

地方別の侵攻軍。信長は信頼する家臣を司令官に命じ、敵対勢力の打倒を下命した。

・柴田勝家

・明智光秀

・羽柴秀吉

・滝川一益

・織田信孝

                              など

KEYWORDS:

『歴史人 2020年3月号』

織田、徳川、豊臣、武田、伊達etc.戦国家臣団最強ランキング!

【保存版特集】戦国最強家臣団はどこだ?

北海道から九州まで、全国100家臣団の当主から居城、家臣とその役職までを完全解説!

合戦の準備からその間の戦い方、装備や武具、後始末に至るまで網羅。

オススメ記事