【イチローが「常に心掛けていること」】 | BEST T!MESコラム

BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

イチローが「常に心掛けていること」

嫌いな作業でもニーズがある限りやり遂げなくてはならない

年間262安打の大リーグ新記録、10年連続200安打達成…。イチローの偉大なキャリアは、日々、自分なりの「最善」を尽くすという強い信念で支えられていた。数々の言葉から、人生を切り開くヒントを読み解く。(児玉光雄 著『イチロー流「最善主義」で夢を叶える』より)

■「嫌いなことをやれと言われてやれる能力は、後でかならず生きてきます」

(自分が普段から心掛けていることについて語った言葉)

 仕事を単純に「好き」か「嫌い」で分類してはならない。趣味ならそれでもいい。しかし、こと仕事に限っては、「必要か」か「必要でないか」の判断で決めるべき。仕事では、嫌いでもやらなければならない作業もあれば、好きでもやってはならない作業もある。

 仕事はニーズでつながっている。だから、ニーズのない仕事など、とっくの昔に消滅しているはず。好き嫌いの如何にかかわらず、その作業にニーズがある限り、嫌いな作業でもやり遂げなければならない。

 現役時代のイチローにしても、「バットを振る」という作業自体を取り上げたら、あまり面白いとは言えなかったはず。ヒットを1本でも多く打つということに、バットを振る作業の意味を見出していたから、彼はこの面白くない単純作業にのめり込むことができた。

 もちろん、「イチローの芸術的なヒットを1本でも多く目の前で見たい」というボールパークに足繁く通うファンのニーズがあったから、彼は「バットを振る」という単純作業を進化させることにのめり込めたのだ。

 目の前の作業の意味をしっかり把握して、その仕事にお金を支払ってくれる人の顔をイメージしながら、その人を満足させる価値に仕上げることにやり甲斐を見出そう。それが面白くない仕事を面白くする原動力となる。

KEYWORDS:

イチロー流「最善主義」で夢を叶える

児玉 光雄

他人との比較ではなく、常に自分が定めた目標を基準として、偉大な記録を残してきたイチロー選手。「完璧主義」ではなく、あくまで自己ベストに徹底したその「最善主義」を、引退までの100の言葉から紐解く。巻末付録として、2019年3月21日に行われた引退会見全文も収録。スポーツ心理学のエキスパートである著者による、イチロー本の決定版。

BACK NUMBER もっと見る

もっと見る

児玉 光雄

こだま みつお

1947年兵庫県生まれ。追手門学院大学特別顧問、元・鹿屋体育大学教授、京都大学工学部卒業。学生時代、テニスプレーヤーとして活躍し、全日本選手権にも出場。カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)大学院にも学び工学修士号を取得。米国オリンピック委員会スポーツ科学部門本部の客員研究員としてオリンピック選手のデータ分析に従事。過去20年以上にわたり臨床スポーツ心理学者としてプロスポーツ選手のメンタルカウンセラーを務める。

また、日本でも数少ないプロスポーツ選手・スポーツ指導者のコメント心理分析のエキスパートとして知られている。主な著書はベストセラーになった『イチロー思考』(東邦出版)をはじめ、『タイガーウッズに学ぶ人生を逆転できる人 できない人』(山と渓谷社)など、200冊以上にのぼる。日本スポーツ心理学会会員、日本体育学会会員。

[ホームページアドレス]

http://www.m-kodama.com


この著者の記事一覧

RELATED BOOKS -関連書籍-

イチロー流「最善主義」で夢を叶える (ベスト新書)
イチロー流「最善主義」で夢を叶える (ベスト新書)
  • 児玉 光雄
  • 2019.11.27