【『G線上のあなたと私』この冬のときめきは全て中川大志にさらわれてしまった】 | BEST T!MESコラム

BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

『G線上のあなたと私』この冬のときめきは全て中川大志にさらわれてしまった

今宵、どんなドラマを描こう 第8回

■女性ファンの思うがままに成長を遂げる中川大志

火曜ドラマ『G線上のあなたと私』より (c)TBS

 そんなこじらせ年上女性に惚れてしまった理人。ここらで第9話にて披露された至高のセリフを並べてみよう。

「(同級生向かって)彼女だけど!」

「みんなに也映子さんを見せてやりたいなーと思って」

「(也映子の)顔見たくなった、だめ?」

 まだ20年間の人生で、たった二つ目の恋。純度が高いからこそ、駆け引きもなく伝わってくるストレートな愛情表現にこちらも腰を抜かした。こういう男子、2020年の東京にも増殖してくれないだろうか。

 そしてこの理人を演じているのは、中川大志さんだ。実はそんなにご本人のファンでもないのに、他媒体でもたびたび彼の演じた役柄について書かせてもらっている。あんまり書くのもどうかと思ったのだけど、それだけドラマオタクにも引っかかる演技を彼がしているのだと『なぜ彼が女性から支持されるのか』を今回も考えてしまった。

 子役から活動していた中川さんが、世間に知られるようになったのは『家政婦のミタ』(日本テレビ系・2011年)の長男役。思い返すと、まだ未完成のイケメン感あふれる13歳。なかなか母親の死から立ち直ることができない、父親の浮気を許せない演技が可愛らしかった。ここから順々に役を重ねて、成長していく彼がいい男の頭角を見せてしまったのは『花のち晴れ~花男 Next Season~』(TBS系・2018年)の馳天馬役。役名のごとく、馬に乗って現れた貴公子は文武両道なうえに、優しさに溢れていた。

 

「(これか……)」

 

 子役からスタートした俳優が、無事にイケメンに成長することは稀だ。でも中川さんは、すくすくと理想の好青年に育っている。しかも年齢と抜群にリンクする役を演じているのが、また心をそそる。朝ドラ『なつぞら』(NHK総合・2019年)は別として、今回は飲酒可能な役にまで到達した。次回は『みずほ銀行』のCMのように新入社員の役だろうか。

このわかりやすい成長ぶりを見守っていられるのが、女性ファンの心をガッチリ掴んで離さないのだと思う。青田買いも、愛でることも楽しむことができるのは女性ならではの特権みたいなものだからね。

KEYWORDS:

本連載、著者の小林久乃さん初の著書

好評発売中

『結婚してもしなくても うるわしきかな人生』

小林久乃・著

 

未婚・既婚にこだわる時代はもう終わり!

現代を生きる私たちが、

清く?正しく?色っぽく?

生きていくために必要なこと。

現代女性に捧げる!(新)読本!

義務教育に就職と集団活動を強いられてきた私たちの前に立ちはだかった人生の最終関門が“結婚”。出会って、付き合って、結婚して、と順番を考えていくと少なくとも3年近くはかかるビッグプランだ。「そんな難題をクリアできるのだろうか」と不安を抱えながら、婚活に乗り出したが…。

 

オススメ記事

小林 久乃

こばやしひさの

ライター/編集者/クリエイティブディレクター/撮影コーディネーター

地元タウン誌から始まり、女性誌、情報誌の編集部員を経てフリーランスへ。エンタメやカルチャー分野に強く、ウエブや雑誌媒体にて連載記事も持つ。企画、編集、執筆を手がけた単行本は100冊を超え、中には10万部を超えるベストセラーも。静岡県浜松市出身、正々堂々の独身。著書『結婚してもしなくてもうるわしきかな人生』(KKベストセラーズ)が好評発売中  

この著者の記事一覧

RELATED BOOKS -関連書籍-

結婚してもしなくてもうるわしきかな人生
結婚してもしなくてもうるわしきかな人生
  • 小林 久乃
  • 2019.11.30